ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

2024 ひまわりサマープログラム、5月25日~8月11日に実施 カンザス州観光局は、5月25日(土)にカンザス州の家族を対象とした2024年サンフラワー・サマー・プログラムを開始すると発表した。カンザス州の学生とその家族を対象にしたサンフラワー・サマー・プログラムでは、州内の220以上の観光名所を無料で利用できる。2024年ひまわりサマーは8月11日まで開催される。 トーランド副知事、$50万ドルの観光地開発補助金を発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、魅力開発補助金の最新ラウンドで$50万ドルが授与されたことを発表した。 商務省、求職者にバーチャル州政府機関ジョブフェアへの参加を奨励 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、5月22日(水)午前8時から午後5時まで開催されるKANSASWORKS主催の「カンザス州政府機関バーチャル・ジョブフェア」に参加するよう求職者に勧める。 メインストリートコミュニティに上層階住宅補助金を支給 トピカ - デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州メインストリート指定地域の商業ビル上層階住宅を支援するため、Residential Opportunities on Main Street(ROOMS)補助金プログラムにより$40万ドルを提供することを発表した。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

カンザス州の経済成長政策を支持する議員たち

6月 09, 2023

この記事を共有する

経済開発は、カンザス州民に新たな機会を創出し、州のあらゆる地域、あらゆる規模のコミュニティを改善している。

カンザス州商務省は、この成功の波にカンザス州議会と協力し、カンザス州が全米で最もビジネスがしやすい場所であるという評判を高める法律を制定してきた。

州議会議員と商工省は最近の立法会期中に協力し、労働力不足に対処し、住宅の選択肢を増やし、ビジネスの成長を促進するための既存の戦略を強化した。

労働面では、徒弟制度税額控除法案は、特に医療や教育などの主要産業において、雇用主が重要な求人枠を埋めるのに役立つだろう。

ローラ・ケリー知事が署名した新法により、雇用主は、試用期間を終了した20人までの登録実習生に対し、最高$2,750までの税額控除を申請できるようになる。同法はまた、2つの助成金プログラムも創設している:

  • カンザス州非営利見習い助成金プログラムは、登録見習いプログラムを持つ非営利雇用主または非営利医療雇用主に助成金を支給する(課税年度ごとに見習い1人当たり$2,750を上限とする)。
  • カンザス州教育者登録見習い助成金プログラムでは、見習い1人につき年間$2,750までの授業料、書籍、教材を助成する。

同法はまた、既存のカンザス州登録見習いプログラムも強化し、実地学習、技術指導、指導によって長期雇用への道を開く。

もちろん, すべての労働者は住みやすい場所を必要としている。住宅不足はカンザス州の農村部以外の地域にも存在するため、農村住宅奨励地区は、現在農村地域が利用できる税控除やその他の手段を都市部でも利用できるよう拡大され、より包括的なアプローチは現在、再投資住宅奨励地区(RHID)と名付けられている。

RHIDを通じて、地方自治体は、カンザス州が州内のあらゆる地域で不足している住宅を補うために必要な住宅を建設するための新たな選択肢を開発者に提供する融資ツールを利用できる。

最近の会期中、商工省はまた、歴史的な劇場や遊園地の乗り物構造の垂直建設に対応するため、売上税および歳入(STAR)債の法令を更新する立法承認を得た。

STARボンドは、カンザス州内外の観光客を誘致し、地域社会に経済的利益をもたらす、大規模でインパクトのある商業、娯楽、観光プロジェクトを開発する方法を提供する。債券の償還は、開発によって得られる売上税収入によって行われる。

また、徒弟制度局、カンザス観光局、その他成果を上げている商業プログラムを支援するための資金も増額され、その中には、カンザス州への国際企業誘致に特化した国際課の常勤職員2名分の資金も含まれている。半導体や電気自動車の生産拡大に伴うサプライチェーン強化の必要性を考慮すると、企業誘致の強化はまさに時宜を得たものである。

カンザス州議会における超党派の支持と商務省のビジョンのおかげで、これらの変更は、カンザス州民とその地域社会にとって有益な、さらに長期にわたる経済成長をもたらすことが約束されている。

カンザス州の受賞歴のある経済開発プログラムやビジネスの成功事例については、カンザス州商務省のウェブサイトをご覧ください。 kansascommerce.gov/news.


ja日本語