ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

カンザス州、農村部のデジタルデバイドを支援するため米国農務省から約$1百万ドルを獲得 カンザス州ブロードバンド開発局(KOBD)は、米国農務省ルーラル・ユーティリティ・サービス(Rural Utilities Service)の新しいブロードバンド技術支援(BTA)助成金プログラムを通じて、約$1万ドルを獲得した。$997,000の助成金は、カンザス州の6つの田舎郡における事前エンジニアリング設計調査に資金を提供し、ブロードバンドがそこで展開される際のコスト削減と回避可能な障壁の特定を支援する。 クリークストーン・ファーム カンザス・プレミアム・ミートを世界に提供 Creekstone Farms®では、畑から食卓まで、卓越した品質が特徴です。アーカンソー・シティを拠点とするクリークストーン・ファームズ®は、世界中の消費者が求める高級牛肉と豚肉を生産しており、アンガス牛とヘリテージ・デュロック豚は世界中の愛好家に愛されている。 2024年度ガバナー・エクスポーター・オブ・ザ・イヤー賞候補者推薦開始 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州商務省が2024年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤー賞の候補者募集を開始したことを発表した。 商工省、求職者に今年初の全州バーチャルジョブフェアへの参加を呼びかけ デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、人材を探している求職者と雇用主に対し、今年最初のバーチャル州全体ジョブフェアへの参加を奨励している。KANSASWORKS主催のジョブフェアは、2月21日(水)午前8時から午後5時まで開催される。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

コモン・センス、コモン・グラウンド

8月 23, 2019

この記事を共有する

カンザス経済を成長させるために私たちが現在取り組んでいる問題や行動についての私の考えをお伝えする新しいメディアに、皆様をお迎えしたいと思います。初投稿のタイミングを考慮し、まずは全国的な見出しを飾る、まさに歴史的な出来事から始めたいと思います。

私の先祖は、1854年にミズーリ人と戦うためにカンザスへやってきた自由農民だった。当時の国境戦争とは異なり、この現代版は流血を伴うことなく、賢明な結論に達したと自負している。その代わりに、両陣営がカンザス州を中心に結束した結果、終結したのである。 同じテーブル そして、対立はこれ以上の分裂によって解決されるものではなく、むしろ共通点を模索し、見出すことによって解決されるものだと悟ったのである。

カンザス州とミズーリ州は、近年多くの成長を遂げ、さらに大きな可能性を秘めた繁栄する都市圏を共有している。しかし、その可能性を実現するためには ローラ・ケリー知事 そして双方の関係者は、私たちが共有する共通の基盤に常識を取り戻す必要性を認識した。

経済発展のための国境戦争に終止符を打つことを宣言したことで、私たちはあまりにも長い間先送りにされてきたことを成し遂げた。国境を越えることを奨励するインセンティブを抑制し、経済開発の主要目標である新規雇用の創出に焦点を絞るのだ。カンザス州とミズーリ州間のこの合意は、経済開発のパイを切り刻み、その断片をめぐって議論し続けるのではなく、我々の努力を再編成し、カンザスシティ都市圏の継続的な成長を支えるパイを拡大するものである。

私は、ケリー知事とともに、なすべき困難なことをなすために戦えることを誇りに思う。私たちは、隣国間のこの継続的な闘争を一蹴するのではなく、協力してより良い結果を達成するために、コミュニケーションと協力のラインを開くことを選択したことが重要だった。

マイク・パーソン ミズーリ州知事、ロブ・ディクソン ミズーリ州経済開発局長、クイントン・ルーカスKC市長のリーダーシップに感謝している。国境の両側での継続的な協力を通じて、我々はもはや境界線が進歩の可能性を規定することを許さないだろう。

このプロセスでは、州レベルでも地方レベルでも、国境の両側の人々と夜遅くまで協力し、私たちの州のために約束どおりの進歩を実現するために、どこまでも長く曲がりくねった道をたどりました。これこそ、カンザス州民がケリー知事の政権と州政府全体に期待できる、そして期待すべきリーダーシップである。私たちは、雇用を創出し、効果的な政策に焦点を当て、州の歴史を通じて役立ってきた「カンザスの常識」を取り戻すため、日々努力していきます。

カンザス州商務省を再建し、カンザス州経済を成長させるための私たちの取り組みについて、カンザス州の皆さんに情報を提供し、参加していただくことが私の願いです。今後の投稿では、カンザス州商務省の再建に向けた私たちの目標や、現在の進捗状況についてお伝えします。引き続き、皆様のご参加をお待ちしております。

アド・アストラ・ペル・アスペラ

-DT


ja日本語