ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

カンザス州観光局とウィチタ訪問局が提携して2025年TBEXサミットを開催 カンザス州観光局とビジット・ウィチタは、2025年10月1日から4日に開催されるトラベル・ブロガー・エクスチェンジ(TBEX)サミットの開催都市としてウィチタを発表することを誇りに思います。この栄誉あるイベントには、世界中から一流の旅行ブロガー、インフルエンサー、ジャーナリスト、コンテンツクリエーター、観光業界関係者が集まり、カンザス州の中心部を探索し、楽しむことができます。 商務省、全州輸出企業ラウンドテーブル・シリーズを開始 カンザス州商務省国際部は本日、カンザス州輸出企業懇談会を7月から毎月開催すると発表した。潜在顧客の4分の3が米国外にあることから、商務省が州内12都市を訪問し、カンザス州の中小企業を支援する。 カンザス州、人材獲得・維持のための全国キャンペーンを開始 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、州内の指導者らとともに、過去にカンザス州に住んだことのある人々に将来の故郷としてひまわりの州を選んでもらうことで、カンザス州の人口増加を目指すダイナミックな人材誘致キャンペーン「ラブ、カンザス」を発表した。この全国的なマーケティング・イニシアチブは、カンザス州が住みやすく、働きやすく、家族を養いやすい特別な場所であることを強調するもので、特に「ブーメラン」(カンザス州に以前から縁のある人)に重点を置いている。 KANSAS!誌が国際賞で金賞を受賞 KANSAS!マガジンは、第44回国際地域メディア協会(IRMA)授賞式で3つの金賞を受賞した。KANSAS!』は3年連続で年間最優秀雑誌賞の最終選考に残った。KANSAS!"誌の発行人であり、カンザス州観光局の出版担当マネージャーであるアンドレア・エッツェル氏が、同誌を代表して賞を受け取った。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

芸術教育

多様な学習者の参加
コンタクト

ケイト・ヴァン・スティーンホイス、アーツ・コミッション副部長

785-379-1608

[email protected]

アーツ・インテグレーションは、音楽、ダンス、詩、ビジュアル・アート、演劇などを通して、多様な学習者を巻き込み、芸術を通してカリキュラムの概念の学習を理解し、表現するものである。アーツ・インテグレーションは美術教師だけのものではなく、幼児から12年生までのすべての教育者、また学校のサポート・スタッフが取り入れることができる。カンザス州のすべての学校の教育者は、カリキュラムが異なるため、さまざまなワークショップに参加することが奨励される。

2022 芸術教育

KS/MOケネディセンター・パートナー・イン・エデュケーションによるプロフェッショナル・ディベロップメント

KCAICは「教育におけるパートナー」プログラムを支援し、連携している。

KACは、ジョン・F・ケネディ舞台芸術センターとの全国的なパートナーシップである「Partners in Education」プログラムを支援・調整している。1991年に設立されたこのプログラムは、全米の芸術団体が地元の学校システムと教育的パートナーシップを構築または拡大することを支援することを目的としている。このような学校と地域のパートナーシップの主な目的は、教師の専門的な学習を促進することである。無料のバーチャル・ワークショップや年次シンポジウムの詳細については、こちらをご覧ください。

2022 アーツ・インテグレーション・シンポジウム
2022年7月26日、27日
スターライト・シアター(4600 Starlight Road Kansas City, MO 64132)

ジャスト・アド・アーツ・シンポジウム芸術の統合による読み書き能力と社会的情動の学習の強化

教師や管理職を対象としたこの専門能力開発では、地元や国内のプレゼンターから学ぶ実践的な機会が提供される。

教師と管理者のためのこの専門能力開発では、地元や国内のプレゼンターから学ぶ実践的な機会を提供する。先生方はこれらのテクニックを教室に持ち帰り、幼稚園から高校までのカリキュラムにすぐに芸術を取り入れることができます。ウィチタ州立大学から$65の卒業単位を取得可能!

Just Add Artsシンポジウムは、パートナーおよびスポンサーの支援により実現した:カンザス州創造芸術産業委員会、全米芸術基金、ウィチタ州立大学応用学部コービン・コネクト、アメリカ信用組合。本シンポジウムは、米国教育省からの助成金により一部運営されています。ただし、発表者や内容は必ずしも教育省の方針を代表するものではなく、連邦政府による推奨を前提とするものではありません。

ジャスト・アド・アーツ・シンポジウム芸術の統合による読み書き能力と社会的情動の学習の強化アーツ・パートナーズ・ウィチタ主催
2022年7月27日~29日
ウィチタ州立大学(KS州ウィチタ
シンポジウム参加者は無料。

過去の芸術教育

カンザス・リテラシー・フェスティバル

KCAICはカンザス識字フェスティバルのスポンサーであり、サポーターです。

2021年9月2日~4日
ウィチタ、KS

このコミュニティ・イベントは、アートを触媒として、生涯にわたって読書を愛する心を育むものである。このフェスティバルは、カンザス州の青少年を対象に、早期学習、家族の参加、本へのアクセスを促すプログラム、イベント、活動を通じて、識字能力の向上を提供した。活動は、2021年の春を通して開催された専門家育成のためのバーチャル・ワークショップから始まり、9月の3日間にわたるイベントでクライマックスを迎えた。

KS/MOケネディセンター・パートナーズ・イン・エデュケーション・アーツ・インテグレーション・シンポジウム

2019年7月22日~24日
カウフマン財団会議センター
ミズーリ州カンザスシティ

この3日間のシンポジウムでは、全米の専門家が参加者を指導し、生徒を惹きつけ、理解力を強化し、内容分野に命を吹き込む芸術の力を探るワークショップを行った。

芸術を通じた社会的・情緒的学習の強化

アーツ・パートナーズ・ウィチタ主催

2019年7月24日~16日
西高校
ウィチタ、KS

ウィチタで3日間にわたって開催されたこのシンポジウムは、地元や国内の専門家を招き、芸術をどのように取り入れたらよいかを学ぶものであった:

  • 学級経営を改善する。
  • 生徒と有意義なつながりを持つ。
  • 燃え尽き症候群にならないよう、セルフケアで仕事上のストレスに対処する。
  • 人格と社会的情動の学習基準に準拠する。

文化開発プログラムについてもっと知りたい?

ja日本語