ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー知事、ウェリントンで110人の雇用を創出する$14Mの設備投資を発表 ローラ・ケリー知事は本日、エリート・ハーネス社がウェリントンに$1,400万ドルを投資し、110人の新規雇用を創出すると発表した。エリート・ハーネスは既存施設を改修し、50,000平方フィートの最新製造工場を建設する。 商工省、税額控除プログラムで$4.1Mを利用可能と発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州商務省の地域社会サービス税額控除プログラム(CSP)により、110万TP4T4万ドルの税額控除が再び利用可能になると発表した。 農村の壁画およびパブリック・アート・プロジェクトに商工助成金 カンザス州商務省(Department of Commerce)は本日、農村部の壁画と公共アート・プログラムの新ラウンドに総額$75,000ドルの資金を提供することを発表した。このプログラムは、農村地域が地域の美観を向上させる魅力的な新しいアートをデザインし、そこに住む人々だけでなく、潜在的な新しいビジネスや住民にとっても魅力的な地域となるよう支援するものである。 カンザス州、農村部のデジタルデバイドを支援するため米国農務省から約$1百万ドルを獲得 カンザス州ブロードバンド開発局(KOBD)は、米国農務省ルーラル・ユーティリティ・サービス(Rural Utilities Service)の新しいブロードバンド技術支援(BTA)助成金プログラムを通じて、約$1万ドルを獲得した。$997,000の助成金は、カンザス州の6つの田舎郡における事前エンジニアリング設計調査に資金を提供し、ブロードバンドがそこで展開される際のコスト削減と回避可能な障壁の特定を支援する。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

アドゼル・デュオ

クラシック音楽
都市だ:ローレンス
電話303.601.6047
Eメール[email protected]
ウェブサイトwww.adzelduo.com

について

「AdZelは素晴らしい新作を洗練された演奏で披露する。(カーネギー・ホール、イーストマン音楽院、ジュリアード音楽院、ミシガン大学、ノースウェスタン大学、コスタリカ国際クラリネット・フェスティバル、国際クラリネット協会クラリネット・フェスト、デラウェア大学、ヨーロッパ・クラリネット会議、オクラホマ・クラリネット・シンポジウム、ゾディアック・フェスティバル、イマニ・ウィンズ室内楽フェスティバル、サンフランシスコ音楽院、カリフォルニア大学アーバイン校、カンザス大学、ラトガース音楽院、イェール音楽院などで演奏、指導を行っている。モハメド・フェアウズ、ジェイソン・バラバ、アニー・グッツォ、フォレスト・ピアース、セルジオ・デルガド、イングリッド・ストルツェル、ジェニファー・ベロー、ベス・ウィーマン、レイチェル・ウィーランなど、現代音楽界の第一線で活躍するアーティストたちとの共演を通じ、アドゼルは、音における新たな対話とクラシック音楽におけるインクルージョンの育成に力を注いでいる。

彼らのユニークなパフォーマンスは、"本当に感動的""美しく表現されている "と称賛されている。オリジナル音楽とスポークン・ワードを融合させた彼らのコンサートは、教育と音楽を融合させ、クラシック音楽の多様性を受け入れる現代的な言語となっている。The Clarinet誌では「説得力のある音の統一感と優れたアンサンブル」と賞賛され、このアンサンブルは今日の音楽シーンで最もダイナミックなアンサンブルのひとつである。

クラリネット奏者のマリアム・アダム(mariamadam.com)は、カリフォルニア州モントレー出身の室内楽奏者、ソリスト、音楽提唱者、教育者として国際的に知られている。ヴァンダービルト大学ブレア音楽院クラリネット科助教授。情熱の閃光に照らされたヴィルトゥオーゾ的な演奏」(グラモフォン誌)と絶賛されている。イマニ・ウィンズの創立メンバーであり、元メンバーでもある彼女は、現在フランスとテネシーを拠点に活動し、ヨーロッパをはじめ世界中で演奏活動を行っている。セルマー・パリ・アーティスト。

ステファニー・ゼルニック博士(stephaniezelnick.com)はカンザス大学クラリネット科教授で、ボルダー・フィルハーモニック管弦楽団の首席クラリネット奏者。その澄み切った音色と美しく整ったフレーズ」(『The Clarinet』誌)で賞賛され、オーケストラ、ソロ、室内楽奏者として北米、ヨーロッパ、南米、アジア各地で演奏している。彼女のレコーディングは、ナクソス、イノーヴァ、アカデミア・デル・クラリネットなどのレーベルで聴くことができる。ビュッフェ・クランポンのアーティストであり、クリニシャンでもある。

主なプログラム内容

アドゼル・デュオは、クラシック音楽における卓越性と包括性にコミットしている。私たちを結びつけるものは、私たちを隔てるものよりも強いのだということを、私たちすべてにインスピレーションを与え、思い出させてくれるプログラムで、アドゼルはその多様なプログラムで批評家や聴衆を喜ばせている。以下にサンプル・プログラムを掲載しますが、聴衆や年齢層に応じて変更することができます(幼稚園から高校までのプログラムとシニア向けのプログラムがあります)。

アドゼル・デュオ
マリアム・アダム、ステファニー・ゼルニック(クラリネット

クラリネットALIVE!
存命中の作曲家によるクラリネット曲

アン・グッツォ(1970)
蜂蜜の色

2011年にアドゼル・デュオのために書かれた。

セルヒオ・デルガド(1993-)
フランシス・プーランクのソナチネ

2018

フォレスト・ピアース(1972)
キャッスル・クリーク・ラン

2016年、ステファニー・ゼルニックのために作曲

ジェイソン・バラバ(1972)
カタワンパス

2010年アドゼル・デュオのために作曲

ロベルト・シエラ(1953-)
シンコ・ボセトス

1984

アン・グッツォ(1970)
アンテロープ・パヴァーヌ

2014年アドゼル・デュオのために作曲

モハメド・フェアリーズ(1988年)
アドゼル

2011年アドゼル・デュオのために作曲

プログラム料金

プログラム数と旅費に応じて$500~$1000。私たちは、旅費と経費をまとめることができるよう、一定期間に多くのコンサートを行うことを好みます。

教育活動情報

アドゼルは2009年以来、アウトリーチと教育プログラムを実施している。私たちは、スタンダードなレパートリーや、現役の作曲家による最先端の作品に基づいた教育プログラムを用意しています。

私たちが提供するものには、観客にインスピレーションを与えるワークショップがある:

  • 音楽からインスピレーションを得た感情やアイデアを探求する
  • 音楽で感情を調整する
  • 自然や身の回りの世界を探索する
  • 自分とは異なる人々に感謝する

私たちはまた、教育的な「インフォマンス」を3大陸の聴衆に提供してきた。これらのプレゼンテーションや講演のトピックは、起業家精神、創造性、インスピレーション、インクルージョン、そしてあらゆる努力を通じての卓越性への努力などである。

二人の大学教授として、私たちはマスタークラスを開いたり、学生たちの願書や面接のスキルアップに取り組んだり、若い聴衆のコミュニケーションの手助けをしたりすることにとても慣れています。前向きで協力的なアプローチを用いて、私たちは多くの学校グループと、自信の促進や人前でのプレゼンテーションに幅広く取り組んできました。また、若い聴衆の心身の健康にも重点を置き、学生を対象とした一連の講演やワークショップも行っています。

私たちは、観客が芸術プロセスの積極的な参加者として私たちと交流することを大切にしています。私たちは、芸術と音楽演奏は流動的なプロセスであるべきだと考えています。もしすべてのパフォーマンスが同じであることを望むのであれば、それはコンピューター・プログラムによって達成されるでしょう!芸術は流動的で包括的であるべきなのです。私たちは、聴衆が私たちから学ぶのと同じように、聴衆から多くを学ぶために、演奏や指導を行っています。

追加アクティビティ料金

1活動につき$200~$600

地域活動情報

地域社会との関わりもまた、私たちの活動の重要な要素である。私たちは地域社会と協力し、団結を築き、コミュニケーションを育んできた。私たちはコミュニティとワークショップや教育講演を行い、包括的で創造的な環境の中で芸術と表現を探求しています。AdZelは、音楽はコミュニティの裕福な層だけでなく、誰にとっても等しく重要であるという考えにコミットしています。私たちは、障壁があるために、コミュニティの多くの人々が芸術や芸術教育を受けることができないことを認識しています。私たちは、このことが前進する芸術団体の強い部分でなければならないと強く感じており、これは私たちの設立理念のひとつでもあります。

私たちはまた、人間の経験における相違点ではなく共通点を強調するために音楽を使うことは、音楽そのものと同じくらい重要だと感じています。ベートーヴェンやモーツァルトが、今日の作曲家たちと同じように重要な意味を持ちうることを、私たちのプログラミング、アウトリーチ、コミュニティ・プログラムが示しているのはそのためです。私たちはまた、ユーモアと開放性は名人芸と同じくらい重要であり、最もシリアスなコンサート・イベントにも取り入れることができると感じています。

ja日本語