ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー州知事、2023年の年間最優秀輸出業者を祝う:タンク・コネクション ローラ・ケリー知事は本日、パーソンズのタンク・コネクション社を訪問し、2023年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた同社を正式に称えた。ドライバルクと液体貯蔵システムの世界的リーダーであるタンク・コネクションは、6大陸64カ国に輸出している。 ケリー知事、デジタルの機会に$8M以上の投資を発表 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州のデジタル・エクイティ(DE)プランの実施に向け、$820万ドルの支援を受けると発表した。この発表は、カンザス州全域の高速インターネット接続とデジタル・オポチュニティの状況を変えるという州のコミットメントを確固たるものにするものである。 2024年度マイノリティ・女性企業開発賞のノミネート受付開始 本日、デービッド・トーランド副知事兼商務省長官は、2024年マイノリティ企業開発(MED)週間賞の候補者募集を発表した。この年間表彰は、マイノリティや女性主導の企業が地域社会やカンザス経済に与える影響の拡大を認め、それを見守るための一つの方法である。 ケリー州知事、KMW社がスターリング市に$105万ドルを投資し、カンザス州で251人の新規雇用を創出すると発表 ローラ・ケリー州知事は本日、農業用フロントローダー、バックホー、その他アタッチメントの精密メーカーであるKMW社が、$1億500万ドルを投資し、スターリング市に新たな北米本社と最新鋭の生産施設を建設することを発表した。この事業により251人の新規雇用が創出され、地元の労働人口は485人となる。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

カーリン・ミリアム=ゴールドバーグ

文芸

都市だ:ローレンス
電話785.766.7159
Eメール[email protected]
ウェブサイトカリンミリアムゴールドバーグ・ドットコム

について

2009-2013年カンザス州桂冠詩人。詩人、フィクション・ノンフィクション作家、教師、指導者、ファシリテーターとして、話し言葉、書き言葉、歌言葉が、私たちがより意義深く生き生きとした人生を送るためにどのように役立つかを探求し、称賛している。ゴダード・カレッジのトランスフォーマティブ・ランゲージ・アーツ創設者であり、ブレイブ・ヴォイス・ワークショップのファシリテーターでもある。

カーリンの23冊の著書には、『Miriam's Well』(小説)、『Following the Curve』(詩)、『Chasing Weather:Chasing Weather: Tornadoes, Tempests, and Thunderous Skies in Word and Image」(気象チェイサー/写真家スティーブン・ロックとの共著)、「Everyday Magic:日常と奇跡のフィールドノート(ノンフィクション);Poem on the Range:Poem on Range: A Poet Laureate's Love Song to Kansas」(回想録)、「Needle in the Bone: How a Holocaust Survivor and Polish Resistance Fighter Beat the Odds and Found Friendship」(ノンフィクション)、「To the Stars, Through Difficulties:The Sky Begins At Your Feet: A Memoir on Cancer, Community & Coming Home to the Body.

豊富な経験を持つワークショップ・ファシリテーターとして、25年以上にわたり、移行期の大人、身体的・精神的疾患を抱える人々、世代を超えたグループ、カンザスシティのラテン系コミュニティ、10代の若者や子どもたち、多文化コミュニティのためのワークショップを指導してきた。また、シンガー・ソングライターのケリー・ハントとともに、作詞・作曲・歌のワークショップやパフォーマンスも行っている。カンザス・アーツ・フェローシップ(詩部門)、ロッキー山脈国立公園アーティスト・イン・レジデンス、ローレンス市フェニックス賞などを受賞。

カーリンは、個人やグループが自分たちの最も強いストーリーやビジョンを見つけ、それをより多く共有できるよう、コミュニティと協力するのが大好きだ。

主なプログラム内容

カーリンはダイナミックな基調講演者であり、詩や散文(即興詩を含む)の朗読者であり、講演者であり、教師である。愛すべきコミュニティ」、「Writing Through Cancer」、「Writing and Healing」、「The World as Writing Prompt」などのテーマで基調講演を行う。

また、彼女の著書に基づいたプログラムも用意されている:

  • 「カンザス州のホロコースト生存者とポーランドのレジスタンス闘士についての写真と本の朗読。
  • 「ロトの妻からミリアムの井戸へ」というプログラムでは、ミドラッシュ(聖典に呼応して書くこと)や神話を書くことで、私たちの人生により大きな意味を見出すことに焦点を当て、カーリンの最新の小説と初の詩集を紹介する。
  • "天気と詩を追いかけて"、スティーブン・ロックとの共著に基づく写真とビデオによる朗読とビジュアル・プレゼンテーション。

さらに、組織、企業、団体向けにカスタマイズした基調講演も行っている。

プログラム料金
  • プログラム料金は$300~$1,200で、これに旅費、カンザス州ローレンスから100マイル以上離れた場合は宿泊費と日当が加算される。料金の幅はプログラムの期間によって異なり、主催団体のスライド制となっている。
  • 地域活動:プログラム料金は$300~$1,200で、これに旅費、カンザス州ローレンスから100マイル以上離れた場合は宿泊費と日当が加算される。料金の幅はプログラムの長さによって異なり、主催団体によるスライド制となっている。
  • 教育活動:プログラム参加費は$300~$800で、これに旅費、カンザス州ローレンスから100マイル以上離れた場合は宿泊費と日当が加算される。料金の幅は、プログラムの長さ(例えば2時間のワークショップと終日のワークショップ)によって異なり、主催団体のスライド制となっている。
地域活動情報

自分自身とコミュニティを書く:共同コミュニティ・ライティング・プロジェクト

カリンは、執筆ワークショップ、推敲セッション、公開リーディングのヒントやアプローチ、コミュニティ・リーディングや出版されたアンソロジーでのクライマックスなど、コミュニティ文学の共同プロジェクトを提供している。

このようなワークショップは、シリーズ(毎週決まった時間に開催)として開催されることもあれば、週末や1日だけのイベントとして開催されることもある。どのような場合でも、キャリンは参加者を新しい文章を創作するプロセスに導き、その文章を強化するための強力な推敲テクニックを学び、その作品を他の人と分かち合う練習をしたり、作品を出版する場合はグループで編集・出版するプロセスに取り組ませたりする。このようなプロジェクトは、祝賀朗読会や、参加者が出版した新しいアンソロジーがある場合は出版記念会で終わる。

その過程で、参加者はインスピレーションを呼び起こし、学びながら互いのプロセスや言葉を目撃するために、コミュニティで執筆する:

  • 文章を書き始め、書き続けるための方法。
  • 最強の物語へと導くライティング・プロンプトを生み出す方法。
  • 作品を深く見直し、再認識する。
  • コミュニティ出版によるプリント・オン・デマンド(必要な部数だけ印刷すること)のアンソロジー制作のための編集(本の出版が含まれる場合は)出版プロセス。
  • 観客とつながるための信憑性を読み取るアプローチ。

教育活動情報

カーリンのライティング・ワークショップは、さまざまな背景を持つ人々が、書くこととコミュニティにより大きな意味と喜びを見出すのを助ける。彼女は、以下のような多くのテーマでワークショップを開催している:

  • 「あなたの人生と遺産個人と集団の遺産を書き残す
  • 「生命の樹を書く私たちが何者であり、どのように生きるべきかを示す神話や指針となる物語を探求するために書く。
  • 「大地から書く」:私たちを取り巻く大地や空とつながる方法としての書くこと
  • "人生を超えて書く":様々な世代の人々が集まり、ビジョンや思い出を共有するための世代を超えた執筆活動。

また、人生の転機を作る、芸術(特に文芸)で生計を立てる、コミュニティ形成に芸術を活用する、といったワークショップも開催している。

それぞれのグループ、コミュニティ、イベントに合わせてワークショップを開催している。

サポート資料

ja日本語