ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー知事、デジタルの機会に$8M以上の投資を発表 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州のデジタル・エクイティ(DE)プランの実施に向け、$820万ドルの支援を受けると発表した。この発表は、カンザス州全域の高速インターネット接続とデジタル・オポチュニティの状況を変えるという州のコミットメントを確固たるものにするものである。 2024年度マイノリティ・女性企業開発賞のノミネート受付開始 本日、デービッド・トーランド副知事兼商務省長官は、2024年マイノリティ企業開発(MED)週間賞の候補者募集を発表した。この年間表彰は、マイノリティや女性主導の企業が地域社会やカンザス経済に与える影響の拡大を認め、それを見守るための一つの方法である。 ケリー州知事、KMW社がスターリング市に$105万ドルを投資し、カンザス州で251人の新規雇用を創出すると発表 ローラ・ケリー州知事は本日、農業用フロントローダー、バックホー、その他アタッチメントの精密メーカーであるKMW社が、$1億500万ドルを投資し、スターリング市に新たな北米本社と最新鋭の生産施設を建設することを発表した。この事業により251人の新規雇用が創出され、地元の労働人口は485人となる。 全国地域開発週間を祝う カンザス州商務省は、州内の他の組織や地域社会と共に、全国地域開発週間を記念している。毎年4月1日~5日に開催されるこのイベントは、地域開発イニシアチブと地域の前向きな変化を促進する協力的な取り組みがもたらす変革的な影響にスポットライトを当てるものである。  全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

デニス・エッツェルJr.

文芸
電話785.554.2018
Eメール[email protected]
ウェブサイトdennisetzeljr.com

について

デニス・エッツェル・ジュニア(彼/彼女)は詩人・作家で、配偶者のキャリーと息子たちとともにカンザス州トピカに住み、ウォッシュバーン大学で英語を教えている。カンザス大学で修士号、カンザス州立大学で女性学とジェンダー研究の修士号と卒業証明書を取得。2冊のチャップブック『The Sum of Two Mothers』(ELJ Publications 2013)と『My Graphic Novel』(Kattywompus Press 2015)がある。

My Secret Wars of 1984』(BlazeVOX 2015)は、カンザスシティ・スター紙が選ぶ2015年のベスト詩集に選ばれ、その続編『My Grunge of 1991』が最近出版された(BlazeVOX 2017)。Fast-Food Sonnets』(Coal City Review Press 2016)は、カンザス州図書館が選ぶ2017年カンザス注目本。This Removed Utopia』(Spartan Press 2017)はKaw Valley Poetry Seriesの一部として出版された。

作品はDenver Quarterly、Indiana Review、BlazeVOX、Fact-Simile、1913: a journal of poetic forms、3:AM、Tarpaulin Sky、DIAGRAMなどに掲載されている。エッツェルは2017年トロイ・スクロギンズ賞、2017年Topeka ARTSConnect Arty Award in Literary Artsを受賞。共編著に『Ichabods Speak Out』がある:Poems in the Age of Me, Too」と「Kansas Speaks Out:ジェリコ・ホケット博士との共著『Ichabods Speak Out: Poems in the Age of Me, Too』は、2023年度カンザス注目図書。また、カンザス州ヒューマニティーズ・カンザスのTALKスカラーであり、スピーカーズ・ビューローの一員でもある。

主なプログラム内容

デニス・エッツェル・ジュニアは、詩、ノンフィクション、ハイブリッド、実験的なライティング・ワークショップ、マスタークラス、講演会を開催しています:幼稚園児から高校生まで:年齢に応じた言葉への愛の詩学ワークショップ 大学またはコミュニティ:

  • 書き続ける方法:日常生活の中でプロジェクト、プロンプト、儀式を開発する
  • エンパワーメントとしてのコラボレーションとメンタルヘルス
  • 喜びと遊びを軸にトラウマについて書く
  • ドキュメンタリーとサイコジオグラフィック漂流詩学
  • ローズクォーツ・クリスタル ジェネレイティブ・ポエトリー・プラクティス
  • 音楽とパフォーマンス 生成詩の実践
  • ソマティック心理療法的生成詩の実践
  • 怪物の旅を書く:トラウマから癒しへ
  • 迷宮生成の詩的実践
  • 場所の言葉ドキュメンタリー詩のワークショップまたはマスタークラス
  • クィア・ネイチャー生成詩学ワークショップまたはマスタークラス
  • Where We Work 作文・詩学ワークショップ 団体、図書館、学校などのニーズがあれば、メールでお問い合わせください。
プログラム料金

$300以上、旅費による

教育活動情報

また、25年以上にわたる私の経験もお話します。

地域活動情報

25年以上前、私はオープンマイクの詩の朗読コミュニティが与えてくれる愛とサポートを通して、詩作への道を見つけました。私は、ワークショップやマスタークラスの参加者が参加できるオープンマイクの詩のイベントを主催するのが大好きです。詩はコミュニティーのためにあるものなので、参加者が詩を書き終えた後、私はコミュニティーの朗読会を深く勧めています。

サポート資料
ja日本語