ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー州知事、カンザス州の地方におけるブロードバンド・プロジェクトに$10Mを発表 ローラ・ケリー州知事は本日、ブロードバンド加速化補助金の最新ラウンドにおいて、12社のインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に$1,000万ドルが授与されたことを発表した。この補助金は、さらに$1,270万ドルのマッチング・ファンドと組み合わされ、カンザス州の14の郡における高速ブロードバンド・アクセス・プロジェクトのために、およそ$2,270万ドルが投資されることになります。 カンザス州観光局とウィチタ訪問局が提携して2025年TBEXサミットを開催 カンザス州観光局とビジット・ウィチタは、2025年10月1日から4日に開催されるトラベル・ブロガー・エクスチェンジ(TBEX)サミットの開催都市としてウィチタを発表することを誇りに思います。この栄誉あるイベントには、世界中から一流の旅行ブロガー、インフルエンサー、ジャーナリスト、コンテンツクリエーター、観光業界関係者が集まり、カンザス州の中心部を探索し、楽しむことができます。 商務省、全州輸出企業ラウンドテーブル・シリーズを開始 カンザス州商務省国際部は本日、カンザス州輸出企業懇談会を7月から毎月開催すると発表した。潜在顧客の4分の3が米国外にあることから、商務省が州内12都市を訪問し、カンザス州の中小企業を支援する。 カンザス州、人材獲得・維持のための全国キャンペーンを開始 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、州内の指導者らとともに、過去にカンザス州に住んだことのある人々に将来の故郷としてひまわりの州を選んでもらうことで、カンザス州の人口増加を目指すダイナミックな人材誘致キャンペーン「ラブ、カンザス」を発表した。この全国的なマーケティング・イニシアチブは、カンザス州が住みやすく、働きやすく、家族を養いやすい特別な場所であることを強調するもので、特に「ブーメラン」(カンザス州に以前から縁のある人)に重点を置いている。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

デニス・エッツェルJr.

文芸
電話785.554.2018
Eメール[email protected]
ウェブサイトdennisetzeljr.com

について

デニス・エッツェル・ジュニア(彼/彼女)は詩人・作家で、配偶者のキャリーと息子たちとともにカンザス州トピカに住み、ウォッシュバーン大学で英語を教えている。カンザス大学で修士号、カンザス州立大学で女性学とジェンダー研究の修士号と卒業証明書を取得。2冊のチャップブック『The Sum of Two Mothers』(ELJ Publications 2013)と『My Graphic Novel』(Kattywompus Press 2015)がある。

My Secret Wars of 1984』(BlazeVOX 2015)は、カンザスシティ・スター紙が選ぶ2015年のベスト詩集に選ばれ、その続編『My Grunge of 1991』が最近出版された(BlazeVOX 2017)。Fast-Food Sonnets』(Coal City Review Press 2016)は、カンザス州図書館が選ぶ2017年カンザス注目本。This Removed Utopia』(Spartan Press 2017)はKaw Valley Poetry Seriesの一部として出版された。

作品はDenver Quarterly、Indiana Review、BlazeVOX、Fact-Simile、1913: a journal of poetic forms、3:AM、Tarpaulin Sky、DIAGRAMなどに掲載されている。エッツェルは2017年トロイ・スクロギンズ賞、2017年Topeka ARTSConnect Arty Award in Literary Artsを受賞。共編著に『Ichabods Speak Out』がある:Poems in the Age of Me, Too」と「Kansas Speaks Out:ジェリコ・ホケット博士との共著『Ichabods Speak Out: Poems in the Age of Me, Too』は、2023年度カンザス注目図書。また、カンザス州ヒューマニティーズ・カンザスのTALKスカラーであり、スピーカーズ・ビューローの一員でもある。

主なプログラム内容

デニス・エッツェル・ジュニアは、詩、ノンフィクション、ハイブリッド、実験的なライティング・ワークショップ、マスタークラス、講演会を開催しています:幼稚園児から高校生まで:年齢に応じた言葉への愛の詩学ワークショップ 大学またはコミュニティ:

  • 書き続ける方法:日常生活の中でプロジェクト、プロンプト、儀式を開発する
  • エンパワーメントとしてのコラボレーションとメンタルヘルス
  • 喜びと遊びを軸にトラウマについて書く
  • ドキュメンタリーとサイコジオグラフィック漂流詩学
  • ローズクォーツ・クリスタル ジェネレイティブ・ポエトリー・プラクティス
  • 音楽とパフォーマンス 生成詩の実践
  • ソマティック心理療法的生成詩の実践
  • 怪物の旅を書く:トラウマから癒しへ
  • 迷宮生成の詩的実践
  • 場所の言葉ドキュメンタリー詩のワークショップまたはマスタークラス
  • クィア・ネイチャー生成詩学ワークショップまたはマスタークラス
  • Where We Work 作文・詩学ワークショップ 団体、図書館、学校などのニーズがあれば、メールでお問い合わせください。
プログラム料金

$300以上、旅費による

教育活動情報

また、25年以上にわたる私の経験もお話します。

地域活動情報

25年以上前、私はオープンマイクの詩の朗読コミュニティが与えてくれる愛とサポートを通して、詩作への道を見つけました。私は、ワークショップやマスタークラスの参加者が参加できるオープンマイクの詩のイベントを主催するのが大好きです。詩はコミュニティーのためにあるものなので、参加者が詩を書き終えた後、私はコミュニティーの朗読会を深く勧めています。

サポート資料
ja日本語