ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

コマース・バーチャル・ジョブ・フェアで多数のキャリア・チャンスを提供 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、新たな人材を求めるカンザス州の求職者と雇用主に対し、今月開催されるバーチャル州全体ジョブフェアへの参加を呼びかけている。KANSASWORKS主催のジョブフェアは、4月24日(水)午前8時から午後5時まで開催される。 ケリー州知事、2023年の年間最優秀輸出業者を祝う:タンク・コネクション ローラ・ケリー知事は本日、パーソンズのタンク・コネクション社を訪問し、2023年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた同社を正式に称えた。ドライバルクと液体貯蔵システムの世界的リーダーであるタンク・コネクションは、6大陸64カ国に輸出している。 ケリー知事、デジタルの機会に$8M以上の投資を発表 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州のデジタル・エクイティ(DE)プランの実施に向け、$820万ドルの支援を受けると発表した。この発表は、カンザス州全域の高速インターネット接続とデジタル・オポチュニティの状況を変えるという州のコミットメントを確固たるものにするものである。 2024年度マイノリティ・女性企業開発賞のノミネート受付開始 本日、デービッド・トーランド副知事兼商務省長官は、2024年マイノリティ企業開発(MED)週間賞の候補者募集を発表した。この年間表彰は、マイノリティや女性主導の企業が地域社会やカンザス経済に与える影響の拡大を認め、それを見守るための一つの方法である。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

デリック・ドティ

トラディショナル&アコースティック・ミュージック
電話620-487-4579
Eメール[email protected]
ウェブサイトflinthillsfiddler.wordpress.com

について

デリック・ドティはカンザス出身で、25年以上伝統的なフィドルとバンジョーを演奏し、20年以上音楽を教えている。曾祖父が家族の農場の納屋でフィドルを演奏して踊った話を聞いて、楽器を手にするようになった。長年にわたり、ウィチタ、ニュートン、サリナ、ローレンス、カンザス州東部の多くの小さな町で、納屋ダンスやコントラダンスでフィドルを演奏してきた。

ドティは、カンザス州のフリント・ヒルズで20年近くエンターテイメントを提供しているフォーク・グループ、トールグラス・エクスプレス・ストリング・バンドでフィドルを演奏している。このグループは、フリント・ヒルズのバラード奏者アニー・ウィルソンによって書かれたフリント・ヒルズの文化、自然、歴史についての歌を特徴としている。現在もケンタッキー州マンハッタンの自宅でフィドルとバンジョーの個人レッスンを行っている。ドティはまた、ワークショップを開いたり、公立小学校のオーケストラや音楽教室、大学を訪問して、カンザス州の音楽の歴史について話したり、伝統音楽を演奏したりしている。今年初めには、ヒューマニティーズ・カンザスのスピーカー・ビューローに加えられ、カンザスの音楽史に関するプログラムを州内で披露している。

このプログラムでは、カンザスの伝統的なフィドル・チューンを使い、初期のフィドラー、バンジョー、笛、ギター、歌の物語や、カンザス出身者やカンザス在住者の音楽や作詞作曲で全米に影響を与えた人々の物語を織り交ぜながら、様々な音楽と歴史を紹介する。聴衆は、初めて耳にするような選りすぐりの音楽を楽しめるだけでなく、カンザスの文化、音楽の伝統、そしてペリー・ローリー、カーソン・ロビソン、ウェンダル・ホール、バイロン・ハーランなどのミュージシャンの魅力に触れることができる。

ドティは現在、カンザス音楽史に関する本を執筆中で、準州時代からラジオの時代までの非公式な伝統に焦点を当てている。この本は、カンザスの歴史と文化の中で見落とされ、過小評価されがちな部分に焦点を当てている。この作品は、これらの豊かな物語を保存し、一般の人々と共有し、私たちの遺産のこの部分を保存することの重要性を認識させ、これらの伝統を継続することへの感謝の念を培う試みである。ドティは長年にわたり作曲と編曲を手がけてきた。

2011年、ドティは『Barber's Rant』というタイトルのオリジナル・フィドル・チューン集を出版した。オリジナル曲のほか、カンザス州のフィドラー、チャーリー・ラフリッジの作品3曲と、チェイス郡に伝わる伝統曲1曲を収録している。また、歴史的な舞踏会のために、19世紀中頃の曲を弦楽四重奏や吹奏楽のために編曲したこともある。ドティのもうひとつの興味は、1860年代風のフォーマルな舞踏会を企画したり、呼びかけたり、演奏したりすることだ。トールグラス・エクスプレスの他にも、ドティは長年にわたって多くのバンドで演奏してきた。最初のバンドは、彼が育ったKs.Lyndon近郊のThreshing Crewだった。その後、カンザス州北部で頻繁に演奏していたダンス・バンド、インスタント・グリッツでフィドルとテナー・バンジョーを演奏した。ニューヨーク州イサカに住んでいた2年間は、フィニッシュ・バンドMetkuで演奏した。

主なプログラム内容

カンザスの音楽史HKが主催するカンザス州ヒューマニティーズのプログラム。しかし、このプログラムのためにHKを通さず、他の方法で資金を調達したいという要望もある。このプログラムは1時間で、パワーポイント、音楽、ストーリーテリングなどを交えながら、カンザス初期の音楽とミュージシャンについて、フォーマル、インフォーマルを問わず紹介する。フィドル・ワークショップこのワークショップは、正式な訓練を受けた音楽家を対象とすることが多いのですが、どんなレベルの方でも大歓迎です。伝統的なフィドルの曲を、楽譜を使わずに耳で演奏することを学びます。

曲を短いフレーズに分解することで、グループはシンプルな曲とボウイング・パターンをすぐに学ぶことができる。その後、別のフレーズ、ダブル・ストップ、簡単なオーナメントを使ったバリエーションを探ります。その他、セコンド、和音、理論、弓の持ち方、シャッフル、テクニックなど。コンサート公開演奏であれ、個人的なハウスコンサートであれ、フィドル、バンジョー、そして歌のバラエティーに富んだ演奏は、聴衆の足をタッピングし、一緒に歌います。時にはソロで、時には才能あるミュージシャン仲間とのデュオやトリオで、会場の要求に応じて演奏する。オールド・タイム・トラディショナルからコンテンポラリー・チューン、シンガロング・ソングまで、おなじみの曲から新鮮な曲まで幅広いレパートリーで、観客は日頃聴くことのできない音楽に触れることができる。

プログラム料金

カンザス音楽史の受講料は、自宅から300マイル以内は$300、300マイルを超える場合は$500となります。フィドル・ワークショップの料金は、出張の有無、生徒の人数、指導するセッション数/日数、公演と同時かどうかによって決まります。詳細はお問い合わせください。コンサート料金は$300からですが、移動時間、演奏人数、演奏時間、音響の有無によって大きく変わります。

教育活動情報

フィドル・ワークショップでは、生徒が即興で楽譜を使わずに曲を学ぶのに必要なツールを提供する。曲の中で繰り返し出てくる短いフレーズ、繰り返し出てくるフレーズ、聞き覚えのあるフレーズを聴くように指導することで、耳で聴いて曲を覚えることが容易になります。理論やコード進行などの基本的な理解があれば、メロディーを知らないときのアドリブが容易になる。

生徒たちはセカンドの仕方を学び、ヴァリエーションを探ります。これは、曲調が時代とともに変化していく民俗的な過程を示す素晴らしい方法です。さらに、私はほとんどの場合、音楽指導の中に、音楽、楽器、あるいはその曲の原産地についての歴史を織り交ぜています。

地域活動情報

演奏やワークショップとは別に、挨拶や質疑応答の時間を設けることもできる。これにより、観客や地域の人々が質問をしたり、普段聞くことのできない楽器や伝統、物語について詳しく知ることができる。

また、音楽家やダンスにまつわる家族のエピソードを共有することもできる。

サポート資料
ja日本語