ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー州知事、カンザス州の地方におけるブロードバンド・プロジェクトに$10Mを発表 ローラ・ケリー州知事は本日、ブロードバンド加速化補助金の最新ラウンドにおいて、12社のインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)に$1,000万ドルが授与されたことを発表した。この補助金は、さらに$1,270万ドルのマッチング・ファンドと組み合わされ、カンザス州の14の郡における高速ブロードバンド・アクセス・プロジェクトのために、およそ$2,270万ドルが投資されることになります。 カンザス州観光局とウィチタ訪問局が提携して2025年TBEXサミットを開催 カンザス州観光局とビジット・ウィチタは、2025年10月1日から4日に開催されるトラベル・ブロガー・エクスチェンジ(TBEX)サミットの開催都市としてウィチタを発表することを誇りに思います。この栄誉あるイベントには、世界中から一流の旅行ブロガー、インフルエンサー、ジャーナリスト、コンテンツクリエーター、観光業界関係者が集まり、カンザス州の中心部を探索し、楽しむことができます。 商務省、全州輸出企業ラウンドテーブル・シリーズを開始 カンザス州商務省国際部は本日、カンザス州輸出企業懇談会を7月から毎月開催すると発表した。潜在顧客の4分の3が米国外にあることから、商務省が州内12都市を訪問し、カンザス州の中小企業を支援する。 カンザス州、人材獲得・維持のための全国キャンペーンを開始 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、州内の指導者らとともに、過去にカンザス州に住んだことのある人々に将来の故郷としてひまわりの州を選んでもらうことで、カンザス州の人口増加を目指すダイナミックな人材誘致キャンペーン「ラブ、カンザス」を発表した。この全国的なマーケティング・イニシアチブは、カンザス州が住みやすく、働きやすく、家族を養いやすい特別な場所であることを強調するもので、特に「ブーメラン」(カンザス州に以前から縁のある人)に重点を置いている。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

ヘイメーカーズ

トラディショナル&アコースティック・ミュージック
都市だ:ウィチタ
電話316.25.89342
Eメール[email protected]
ウェブサイトhaymakers316.com

について

ヘイメイカーズはウィチタを拠点とするアコースティック・アメリカーナ・ストリング・バンド。バンドの起源は2005年にさかのぼり、ダスティン・アーバックル(リード・ヴォーカル/ハーモニカ)とトム・ペイジ(ギター/ヴォーカル)がデュオとして初めて共演した。やがてアーバックルとペイジはサウンドの幅を広げたいと思うようになり、2012年にドクター・マーク・フォーリー(アップライト・ベース/ヴォーカル)とテッド・ファーハ(マンドリン/ヴォーカル)を迎え、ヘイメイカーズを結成した。2016年にはデニス・ハーディン(マルチ・インストゥルメンタリスト/ヴォーカル)が加わり、現在の5人編成となった。長年にわたり、ヘイメイカーズは忠実なファン層を開拓し、独自のスタイルで演奏されるオリジナル曲と伝統的な曲を融合させた生き生きとしたパフォーマンスで評判を高めてきた。

アーバックルはブルース/ルーツ・ミュージック・シーンのベテランである。ヘイメイカーズでの活動に加え、ブルース/ルーツ・ロック・アクトのモーランド&アーバックル(2000年~2017年)、ダスティン・アーバックル&ザ・ダムネーションズ(2017年~現在)の一員として北米、ヨーロッパ、オーストラリアを幅広くツアーし、10枚のアルバムをリリース、バディ・ガイ、ロバート・クレイ、ジョニー・ラング、ジョージ・ソログッド、ロス・ロボスらとステージを共にしてきた。

カンザス州のフォーク・ミュージック・コミュニティで育つ。1999年から2005年まで、フォーク・デュオ「Grandpa's .38」の一員として全米ツアーを行い、それ以来、中西部で地道に数多くのプロジェクトに取り組んできた。また、盲人コミュニティの公民権活動にも深く関わっており、現在は全米盲人連合カンザス支部の会長を務めている。

フォーリー博士はウィチタ交響楽団の首席ベーシストであり、ウィチタ州立大学の教授/ジャズ研究部長でもある。ジャズとクラシックの活動に加え、キャリアを通じて様々なバンドとギグやレコーディングを行っている。フォーリーが大学や交響楽団の仕事でヘイメイカーズと共演できないときは、ウィチタの名門フレンズ大学のジャズ・パフォーマンス・プログラムを卒業したケイレブ・ドラモンドがベースを担当する。ドラモンドは、インディー・ロックやジャズ、ブルースやフォーク・ミュージックなど、さまざまなスタイルのツアーで活躍したベテランだ。

グループを締めくくるのは、ウィチタ音楽界の大黒柱であるファーハとハーディンのマンドリン・セクションだ。ファルハはブルーグラスに強いルーツを持つが、リバーサイド・マンドリン・カルテットでクラシック音楽も演奏しており、ハーディンは弦楽器なら何でも演奏でき、過去30年以上にわたってウィチタで人気のあるアコースティック音楽グループの多くに参加している。

2017年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースして以来、ヘイメイカーズは中西部を中心に大規模なツアーを行い、フェスティバルやコンサート・シリーズから騒々しいバーや親密なリビング・ルームでのライヴまで、あらゆる場所で演奏してきた。ヘイメイカーズのライヴは、アメリカン・ミュージックのハイウェイを駆け抜けるジョイライドのようで、見逃せない!

主なプログラム内容

ヘイメイカーズは、フォーク、ブルーグラス、カントリー、ブルース、ウェスタン・スウィングなど、幅広いアメリカン・ルーツ・ミュージックを演奏しています。にぎやかな大ホールから静かな小ホールまで、観客の規模や環境に合わせた演奏が可能です。通常は4人または5人編成でツアーを行いますが、少人数の方がイベントにふさわしい場合は、トリオやデュオに編成を変えることも可能です。

プログラム料金
  • $750 - $1500 1日公演の場合、走行距離、音響要件、その他の公演内容(公演時間、セット数)により異なります。公演場所までの移動時間が長く、宿泊が必要な場合は、宿泊またはホテルの買い取りが必要となります。状況によっては、通常の範囲外の料金も交渉可能です。ご相談ください。
  • 追加教育公演またはワークショップ1回につき$250。
地域活動情報

本公演と同日に、老人ホームや高齢者センターでの短時間(30~60分)の追加公演を追加料金なしで承ります。

教育活動情報

教育公演では、カンザス州やグレートプレーンズの歴史に深く関わる曲を中心に、私たちが演奏する曲や音楽スタイルの歴史を分かち合います。また、楽器指導のワークショップも喜んで開催します。

サポート資料
ムーンライト・オン・ザ・マウンテン
ノースエンドの夕日
ja日本語