ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー知事、ウェリントンで110人の雇用を創出する$14Mの設備投資を発表 ローラ・ケリー知事は本日、エリート・ハーネス社がウェリントンに$1,400万ドルを投資し、110人の新規雇用を創出すると発表した。エリート・ハーネスは既存施設を改修し、50,000平方フィートの最新製造工場を建設する。 商工省、税額控除プログラムで$4.1Mを利用可能と発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州商務省の地域社会サービス税額控除プログラム(CSP)により、110万TP4T4万ドルの税額控除が再び利用可能になると発表した。 農村の壁画およびパブリック・アート・プロジェクトに商工助成金 カンザス州商務省(Department of Commerce)は本日、農村部の壁画と公共アート・プログラムの新ラウンドに総額$75,000ドルの資金を提供することを発表した。このプログラムは、農村地域が地域の美観を向上させる魅力的な新しいアートをデザインし、そこに住む人々だけでなく、潜在的な新しいビジネスや住民にとっても魅力的な地域となるよう支援するものである。 カンザス州、農村部のデジタルデバイドを支援するため米国農務省から約$1百万ドルを獲得 カンザス州ブロードバンド開発局(KOBD)は、米国農務省ルーラル・ユーティリティ・サービス(Rural Utilities Service)の新しいブロードバンド技術支援(BTA)助成金プログラムを通じて、約$1万ドルを獲得した。$997,000の助成金は、カンザス州の6つの田舎郡における事前エンジニアリング設計調査に資金を提供し、ブロードバンドがそこで展開される際のコスト削減と回避可能な障壁の特定を支援する。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

ジョン・デピュー

トラディショナル&アコースティック
都市だ:アーリントン
電話620.664.8140
Eメール[email protected]
ウェブサイトjohndepewmusic.com

について

ジョン・デピューはマルチ楽器奏者、シンガー、ソングライター、パフォーマーで、カンザス州南中央部、リノ郡の小さな町アーリントン近郊に家を構える。2022年カンザス州マンドリン・チャンピオン、2021年ウォルナット・バレー・フェスティバルのニューソング・ショーケース優勝者。ジョンの音楽は、ブルーグラスやオールドタイム・ミュージックからモダン・ジャズやグローバル・リズムまで、幅広いサウンドの影響を受けている。彼の曲作りは、田舎での生活、農業、大自然、仕事、家族に関連したトピックに向かう傾向がある。ウェンデル・ベリー、メアリー・オリバー、ルーミー、ゴミ法案("Whatever thy hand finds to do, do it with thy might")などの作家や、ダレル・スコット、マイク・クロス、ジョン・ハートフォード、ティム・オブライエン、ベラ・フレック、クリス・タイルなどのソングライターやミュージシャンからインスピレーションを受けている。

デピューのレコーディングや演奏は現在、マンドリン、ギター、バンジョーといった楽器が中心だが、彼は常に新しい楽器に挑戦することに興奮している。ハーモニカ、フィドル、ピアノ、ハンボーンなどは、近いうちにレパートリーに加わるかもしれない。ミュージシャンや音楽的背景を持つ人々は、ジョンの作品を特に楽しんでいるようだ。彼は独学で音楽家としてクラシック音楽理論のキャッチアップをしているが、彼の作詞・作曲は音楽的な才能に事欠かない。

主なプログラム内容

ジョンのコンサートは、30分から2時間まで、さまざまな環境と聴衆のために行われる。彼のお気に入りは、音楽フェスティバル、野外コンサート・シリーズ(植物園、樹木園、図書館/裁判所の芝生など)、親密なリスニング・ルーム/ハウス・コンサートなどである。ジョンは、アコースティック楽器と独特のボーカルと歌の技巧を駆使し、彼独特の辛口で時に不条理なユーモアのセンスも交えて、あらゆる年齢層の人間、そして時には犬やヤギ、ペットのタランチュラも楽しめる、興味深く楽しいパフォーマンスを創り出す。音響機材はホストが用意することもできるし、ジョンが自分でPAを用意することもできる。

プログラム料金

$500-750。料金は出演時間、必要な音響機材などにより変動します。移動には追加料金が必要な場合があります。宿泊が必要な場合、ホストは静かな駐車スペースを提供するだけでよい場合もある。

教育活動情報

マンドリン、クローハンマー・バンジョー、フラット・ピック・ギターの初中級者を対象に、楽器と曲作りのワークショップを開催している。テクニック、練習方法、創造性、即興演奏についての考えや、より一般的な哲学的理論も交えながら、表現と人生の美学としての音楽について語る。

また、ジョンは「How to Figure Out Just About Anything」と題し、人生において創造的探求が果たす役割について幅広くお話しすることもできます。これは聴衆のニーズや会場、イベントによって異なる。例えば、ソングライティングやその他のクリエイティブなライティングに関する考えやヒント、ジョンが具体的な人生の課題にクリエイティビティをどのように適用してきたかについてのエピソード、自分自身に探求の場を与えることの利点、聴衆が自分自身の人生においてクリエイティブな主体性を発揮できるようにするための励ましなどです。

追加アクティビティ料金

30-45分のトーク/ワークショップの場合:$200

地域活動情報

薪ストーブを自作し、自宅の暖房や屋外での調理に使ってきたジョンは、その経験と実験への意欲を、ロケットストーブや薪ストーブ全般についての体験型ワークショップで観客と分かち合いたいと考えている。ワークショップの最初の説明にはプロジェクターのある屋内スペースが必要で、ワークショップの最後にはロケットストーブのコアを組み立てるための屋外スペースが必要となる。参加者はロケットストーブの仕組みの基本を学び、実際に組み立てて火をつける体験をする。このワークショップの所要時間は、主催者のニーズに応じて1時間から2時間程度。

**ジョンからの余計な説明:私の音楽の多くは、個人の主体性、高いレベルで物事を行おうとすること、そして世界における私たちの居場所について思慮深くあること、という考えを中心に据えている。僕は独立心の強い男で(時には欠点もある)、特に超地元産の材料を使って自分で何かを作ったり、型にはまらない方法で物を再利用したり、まっすぐなものや四角いものが何もないときに自然の素材を使って建物を作ったりすることに多くの満足感を得るんだ。

私が書いた曲のほとんどから、何らかの形で主体性と自立という核となる考え方に関連するメッセージを指摘することができる。ロケットストーブを作ることは、その興味のはけ口であると同時に、ロケットストーブが本当に世界を変えられると確信している。このストーブは、超効率的に薪を燃やすことで、少量の薪から大量の収穫可能な熱を生み出す。その性質上、少なくとも私の住んでいる地域では、侵入されがちな軽い薪を燃やすのに適しており、比較的簡単に、少ない金額で作ることができる。

私が書く文章の多くは、私たちが自然界にどのように溶け込むかを意図的に考えること、そして私たちの内的世界とどのように関わるかを厳密に考えること、このような考えに立ち戻る。私はどちらの専門家でもないが、同じような会話をするための道はたくさんある。音楽もそうだし、ストーブ作りもそうだ。

追加アクティビティ料金

$300、材料提供

ja日本語