ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー知事、ウェリントンで110人の雇用を創出する$14Mの設備投資を発表 ローラ・ケリー知事は本日、エリート・ハーネス社がウェリントンに$1,400万ドルを投資し、110人の新規雇用を創出すると発表した。エリート・ハーネスは既存施設を改修し、50,000平方フィートの最新製造工場を建設する。 商工省、税額控除プログラムで$4.1Mを利用可能と発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州商務省の地域社会サービス税額控除プログラム(CSP)により、110万TP4T4万ドルの税額控除が再び利用可能になると発表した。 農村の壁画およびパブリック・アート・プロジェクトに商工助成金 カンザス州商務省(Department of Commerce)は本日、農村部の壁画と公共アート・プログラムの新ラウンドに総額$75,000ドルの資金を提供することを発表した。このプログラムは、農村地域が地域の美観を向上させる魅力的な新しいアートをデザインし、そこに住む人々だけでなく、潜在的な新しいビジネスや住民にとっても魅力的な地域となるよう支援するものである。 カンザス州、農村部のデジタルデバイドを支援するため米国農務省から約$1百万ドルを獲得 カンザス州ブロードバンド開発局(KOBD)は、米国農務省ルーラル・ユーティリティ・サービス(Rural Utilities Service)の新しいブロードバンド技術支援(BTA)助成金プログラムを通じて、約$1万ドルを獲得した。$997,000の助成金は、カンザス州の6つの田舎郡における事前エンジニアリング設計調査に資金を提供し、ブロードバンドがそこで展開される際のコスト削減と回避可能な障壁の特定を支援する。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

レジーナ・クレンヨスキ・ダンス・カンパニー

ダンス
レジーナ・クレンヨスキ・ダンス・カンパニー『ファー・フロム・ホーム』撮影:リリアン・バートレット(Bartlett PhotoArt
都市だ:ウィチタ
電話310.995.6496
Eメール[email protected]
ウェブサイトwww.rkdc.org

について

レジーナ・クレンヨスキ・ダンス・カンパニーは、1999年にロサンゼルスで設立され、2014年にKS州ウィチタに進出した、高い評価を得ているモダン・ダンス・カンパニーである。独創的な振付、激しい運動能力、詩的なストーリーテリングで観客を魅了し、イブニングレングス作品、ダンスフィルム、サイトスペシフィック・インスタレーションなど37作品のレパートリーを持つ。クレンヨスキー女史の芸術的指導のもと、5人のプロ・ダンサーからなるカンパニーは、豪華なコラボレーション・アーティストとともに、社会的、政治的、抽象的、コンセプトに基づいた多様なコンテンポラリー・ダンス・シアターを創作・上演し、地域、国内、そして国際的なツアーを続けている。RKDCは、カンパニーの地元であるKS州ウィチタやツアーで、多様な観客を魅了する、思慮深く楽しいレパートリーや教育的なプログラムを上演することで、地元コミュニティを豊かにすることに熱心に取り組んでいる。

主なプログラム内容

レジーナ・クレンヨスキ・ダンス・カンパニーが最新作『ファー・フロム・ホーム』をツアーに提供する。"Far From Home "は、移住をテーマにした個人的でありながら普遍的な旅である。献身、機会、同化、ルーツ、喪失、信仰、そして故郷が、ダンス、映像、オリジナル音楽、詩の7つのセクションを通して探求される。この作品のためのクレンヨスキのリサーチは、彼女の両親と、約50年前にマケドニアからアメリカへ旅立った彼らの物語から始まった。彼らの物語は、わが国に何百万と存在する物語のひとつに過ぎない。故郷を離れるという人間の経験における感情の旅は、深く普遍的なものだ。"ファー・フロム・ホーム "は、近くて遠い、過去・現在・未来の多様なコミュニティの強さを認識し、仲間への思いやり、共感、理解でコップを満たすことを思い出させる、感動的な目的を持った美しいダンス・シアターである。この作品は、ジェイク・シムズによるドキュメンタリーで幕を開け、ウィチタに住む6人の個人的な物語を通して移民体験を問い直し、マケドニア出身の作曲家トニ・キタノフスキによるオリジナル楽譜をフィーチャーしている。「Far From Home』は5人のダンサーと1人のヴィオリストによって上演される。

プログラム料金
  • $6,000 - ウィチタから50マイル以上離れた場合、1泊の公演+旅費/宿泊費。
  • $900 - 詩とダンスでストーリーを共有するワークショップ
  • $250 - レジーナ・クレンヨスキーによる1.5時間のマスタークラスにつき
  • $950 - フルメンバーによるレクチャー・デモンストレーション
地域活動情報

詩とダンスであなたの物語を分かち合いましょう: 今、私たちはこれまで以上に、移民というトピックをめぐる共感を高め、溝をなくすために、地域社会をひとつにする新鮮なツールを必要としている。全米芸術基金(National Endowment for the Arts)とミッド・アメリカ・アーツ・アライアンス(Mid-America Arts Alliance)の助成を受けた一連のコミュニティ・ワークショップの成功に基づき、同カンパニーはこの3時間のワークショップを提供する。

このワークショップは、移民と非移民が安心して個人的なストーリーを探求し、耳を傾けることができる空間で、参加者にコミュニティ・アート制作の機会を提供する。詩と創作を通して、参加者は「故郷」という大きなテーマから連想する場所、人、食べ物、個人的な旅について詩を書くよう指導される。あらゆる能力に合わせてデザインされた簡単なウォーミングアップ・エクササイズに導かれた後、参加者は書かれた詩から動きのシークエンスを創作し、記憶や感情を身体的に表現、具現化する。クレンヨスキは、クレンヨスキの創作プロセスの中核をなす手法であるジェスチャーワークを参加者に紹介する。ワークショップは、グループの経験を共有し、振り返るディスカッションで締めくくられる。ワークショップの後には、地元のレストランから寄付された食事が用意され、参加者たちは共にパンをほおばりながら、共同体意識を通してお互いの境界線を和らげる。

このワークショップには、2人のプロのアーティスト・ファシリテーターと5人のダンサーが参加し、ワークショップを通して分科会やアクティビティーの指導をサポートする。

教育活動情報

ファー・フロム・ホーム 学生向けアクティビティあり

詩とダンスでストーリーを共有するワークショップ: このワークショップは、コミュニティ・ワークショップと同じ形式を踏襲しており、さまざまなグループに適応させることができる:小学校、中学校、高校、大学、企業や組織の特別グループなど、さまざまなグループに適応できる。

振付家レジーナ・クレンヨスキーのマスタークラス クリエイティブ・ムーブメント、コンテンポラリー/モダン・ダンス、ダンス・コンポジション、即興の各分野において。
「私のテクニッククラスでは、リモンとリリースワークのトレーニング、コンタクト・インプロヴィゼーション、バレエ、高速インバージョン・メソッド、バルティーニェフ・ファンダメンタルズとラバン・ムーブメント・アナリシスに基づいたソマティック・プラクティスなどのバックグラウンドを活かしています。クラスでは、即興性、流動性、ダイナミックなアライメント、重さへの強い理解、楽な感覚を伴った正確さ、そしてフローを重視しています。様々な音楽のメーター、空間の5つのレベル(フロア、ロー、ミッド、ハイ、エア)を通しての動き、ソマティックな視点と対立の原則を通しての身体の知性を探求する。"- レジーナ・クレンヨスキ

講義のデモンストレーション: RKDCとダンサーによる "Far From Home "の45分間のレクチャー・デモンストレーション。"Far From Home "の抜粋のライブ・パフォーマンスに加え、作品のインスピレーション、開発、パフォーマンスについてのディスカッションを含む。イベントの最後には、学生とアーティストによる10~15分の質疑応答が行われる。レクチャーとデモンストレーションの内容は、観客の年齢やプロのコンサート・ダンスの経験に応じて慎重に調整される。レクチャー・デモンストレーションには、芸術監督のレジーナ・クレンヨスキと5人のダンサーが参加。45分のプレゼンテーションの後、15分の質疑応答があり、合計1時間。

サポート資料
ja日本語