ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

カンザス州、農村部のデジタルデバイドを支援するため米国農務省から約$1百万ドルを獲得 カンザス州ブロードバンド開発局(KOBD)は、米国農務省ルーラル・ユーティリティ・サービス(Rural Utilities Service)の新しいブロードバンド技術支援(BTA)助成金プログラムを通じて、約$1万ドルを獲得した。$997,000の助成金は、カンザス州の6つの田舎郡における事前エンジニアリング設計調査に資金を提供し、ブロードバンドがそこで展開される際のコスト削減と回避可能な障壁の特定を支援する。 クリークストーン・ファーム カンザス・プレミアム・ミートを世界に提供 Creekstone Farms®では、畑から食卓まで、卓越した品質が特徴です。アーカンソー・シティを拠点とするクリークストーン・ファームズ®は、世界中の消費者が求める高級牛肉と豚肉を生産しており、アンガス牛とヘリテージ・デュロック豚は世界中の愛好家に愛されている。 2024年度ガバナー・エクスポーター・オブ・ザ・イヤー賞候補者推薦開始 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州商務省が2024年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤー賞の候補者募集を開始したことを発表した。 商工省、求職者に今年初の全州バーチャルジョブフェアへの参加を呼びかけ デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、人材を探している求職者と雇用主に対し、今年最初のバーチャル州全体ジョブフェアへの参加を奨励している。KANSASWORKS主催のジョブフェアは、2月21日(水)午前8時から午後5時まで開催される。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

ニュー・ダンス・ラボ

カンザス州におけるダンスの知名度向上

ニュー・ダンス・ラボは、カンザス創造芸術産業委員会とジョンソン・カウンティ・コミュニティ・カレッジのパートナーシップによるもの。

ニュー・ダンス・ラボでは、カンザス州全域の実績のあるダンス・プロフェッショナルや意欲的なダンス・プロフェッショナルの中から選ばれたグループが、以下の国内アーティストの1人と1対1または少人数のグループによる親密なプロフェッショナル育成体験に参加することができる:

ノルベルト・デ・ラ・クルス3世

オーウェン/コックス・ダンス・グループ

ジュリアード音楽院でダンス専攻の学士号を、ホリンズ大学でダンス専攻の修士号を取得。NYとLAを拠点にフリーランス・アーティストとして活動している。

また、アスペン・サンタフェ・バレエ団、ニューヨーク・シティ・バレエ団、タルサ・バレエ団、ハバード・ストリートII、バレエ・イスパニコ、バレエX、ペリダンス、ジュリアード、オリンピック・バレエ・シアター、ビッグ・マディー・ダンス・カンパニー、アイゼンハワー・ダンス・デトロイト、ダラス・ブラック・ダンス・シアター、ブルース・ウッド・ダンスなどのオリジナル作品を手がけている。

プリンセス・グレース財団(米国)の振付賞、アルビン・エイリーニューディレクションズ振付ラボ、ジョフリー・アカデミー・オブ・ダンス(Joffrey Academy of Dance)のWinning Works、ニューヨーク・バレエ団のNYコレオグラフィック・インスティテュート(NY Choreographic Institute)を2度受賞。ジュリアード音楽院の元教員であり、SUNY PurchaseとBarnard Columbia Universityの客員アーティストでもある。 アジアン・アーツ・アライアンス、マッカラム・シアター振付フェスティバル賞、ユース・アメリカン・グランプリ最優秀振付家賞、ダンス・マガジンズの注目すべきトップ25にも選ばれている。

ノルベルトは常にインスピレーションを追い求め、より価値のある協力関係や人とのつながりを求めている。

www.NorbertDeLaCruziii.com IG:Norbert.DeLaCruz.iii

訪問

オマール・ロマン・デ・ジーザス

ウィリアムズ/ヘンリー・コンテンポラリー・ダンス・カンパニー

オマール・ロマン・デ・ヘスス(プエルトリコ、バヤモン)は、クィア・プエルトリケーニョの振付家であり、ニューヨークを拠点とするダンスカンパニーBoca Tuyaのディレクター。2023年Kaatsbaanの初代バリシニコフ・アーツ・センター・フェロー、2022年プリンセス・グレース賞振付部門受賞、2022年NYSCA/NYFAアーティスト・フェロー(振付)、2020年アン&ウェストン・ヒックス振付フェローシップ(ジェイコブス・ピロー)受賞。これまでに20以上のカンパニーや専門学校から作品制作の依頼を受けている:バリシニコフ・アーツ・センター、ポール・テイラー・ダンス・カンパニー、バレエ・ヒスパニコ、バレエ・コレクティヴ、リモン2、ムーヴ・ニューヨーク、ブルース・ウッド・ダンス、ジェイコブ・ジョナス・ザ・カンパニー、ジョフリー・バレエ・コンサート・グループ、ウィム・ウィム、パーソンズ・ダンス、エイリー・スクール、ケネソー州立大学、ジェームズ・マディソン大学、ブッカー・T・ワシントン・ハイスクール・フォー・ザ・パフォーミング・アンド・ビジュアル・アーツなど、20以上のカンパニーやプレ・プロフェッショナル・スクールに作品を提供している。

オマールの舞台作品は、ジョフリー・アカデミー・オブ・ダンス(Joffrey Academy of Dance)の「Winning Works Choreographic Competition」、ウィム・ウィム(Whim W'him)の「Choreographic Shindig」、ダンス・ギャラリー・フェスティバル(The Dance Gallery Festival)、リバーブ・ダンス・フェスティバル(Reverb Dance Festival)、プエルトリコ国際ダンスフェスティバル(International Dance Festival of Puerto Rico)などで高く評価され、「Ambassador of Dance」メダルを受賞している。最近では、オマールの作品『Los Perros del Barrio Colosal』がパームデザート振付フェスティバルで1位を獲得した。2021年にスクリーン用に創作された『Los Perros del Barrio Colosal』は、20カ国以上の観客に鑑賞され、スクリーン・ダンス・インターナショナル最優秀賞、ReThink Dance Film Festival最優秀振付賞および最優秀物語賞を受賞した。2021年以降、オマールの作品はENDANZANTE(コロンビア)、Chop Shop:Bodies of Work」(シアトル)、「PRISMA International Dance Festival」(パナマ)、「Masdanza」(カナリア諸島)などに出演している。

訪問

カイラ・ジーン・グリーン

シュトルリング・ダンス・シアター

カナダ系アメリカ人のアーティスト、カイラ・ジーン・グリーンはフランスで生まれ、フロリダで育ち、現在はカナダのモントリオールに住んでいる。2006年にジュリアード音楽院でダンスの学士号を取得。2007年、ハバード・ストリートII振付コンペティションで優勝し、ケネディ・センターからの依頼で彼女の作品を上演。その後、The Center for Performance and Research(ニューヨーク州ブルックリン)、CHOP SHOP(ワシントン州ベルビュー)、F.A.T.(カリフォルニア州トロント)、Guelph Contemporary Dance Festival(カリフォルニア州ゲルフ)、Dance Conference U.S.A.(フロリダ州マイアミ)、Quinzena de Dança de Almada(ポルトガル・アルマダ)、Offset Dance Fest(ニューヨーク州ブルックリン)、CICC(イギリス・コペンハーゲン)などで作品を発表している。2019年、カイラ氏はウルムで行われたコレオラボのためにドイツで、またWhim W'himのコレオグラフィック・シンディグのためにワシントン州シアトルで新作を創作した。その後、パナマのプリズマ・ダンス・フェスティバルで、自身のカンパニーから2つの振付作品を発表した。

ダンサーとして10年間活動した後、2017年、カイラさんは自分のカンパニーを作る時が来たと決意し、Trip The Light Fantasticと名付けた。このカンパニーには、モントリオール・コミュニティのダンサー、ビジュアル・アーティスト、映画制作者が参加している。カンパニーのムーブメント言語は、コンテンポラリースタイルとアーバンスタイル、そして構造化された即興を組み合わせたものだ。トリップ・ザ・ライト・ファンタスティックは、個人の心理の過酷な現実と、真の解放に到達することを妨げる社会的な汚名に向かって飛び込む。これらの問いはダンスとミクストメディアを通して問いかけられ、ポジティブな社会変革を鼓舞する。2017年9月にカナダのモントリオールで開催されたFestival Quartiers Dansesでデビューし、Prix Coup de Coeur 2016、2018、2020を受賞。その後、パナマ、デンマーク、ニューヨーク、ポルトガルでTTLFを上演。2021年、Trip The Light Fantasticはインハウス・ダンスカンパニーとしてC2に招待された。カイラと彼女のカンパニーについての詳細は、www.TripTheLightFantastic.me。

訪問

ジーナ・パターソン

カンザスシティ・バレエ団

2021年ボグリアスコ・フェローであるジーナ・パターソンは、チョー・サン・ゴー賞、イサドラ・ダンカン賞ノミネート、ハバード・ストリート2全米振付コンペティション、ニュー・コレオグラファーズ・オン・ポワント、ナショナル・コレオグラフィック・イニシアチブ、マックナイトの助成によるザ・カウルズ・センター/SOLOコミッショニング・プログラムによる委嘱作品などを受賞している。
財団。彼女の企業向け作品の多くは、全米芸術基金(National Endowment for Arts)の寛大な支援を受けている。

プリンシパル・ダンス・アーティストとして25年のキャリアを持つパターソン氏は、ピッツバーグ・バレエ・シアター、オースティン・バレエ、フロリダ・バレエで踊り、北米とヨーロッパでゲスト・アーティストとして活躍した。

パターソン氏は1998年以来、120以上の作品を創作している。MADCOのための『Liquid Roads』、CoDa21のための『ロミオとジュリエット』の現代的翻案、クロアチア国立劇場のための『ヘンゼルとグレーテル』の1幕など、多分野にまたがるフルイヴニングのプロダクションを手がけている。アンネ・フランクの日記』、『女性参政権72のステップ』、『フリーダム』の『It Is』など、社会問題を取り上げることも多い:アンネ・フランクの日記』、『女性参政権に関する72のステップ』、そして『フリーダム:公民権プロジェクト』やセントルイスのワシントン大学オリン図書館の『It Is』など、社会問題を取り上げることも多い。ピッツバーグ・バレエ・シアター、スミュイン・バレエ、ナッシュビル・バレエ、アトランタ・バレエ、シンシナティ・バレエ、オースティン・バレエ、リッチモンド・バレエ、デイトン・バレエ、バレエメット、ダンスワークス・シカゴなどのカンパニーのレパートリーに登場し、イタリア、ドイツ、スロベニア、メキシコ、プエルトリコ、ドミニカ共和国、キューバ、スペインなどで国際的に上演されている。

ノースカロライナ大学芸術学部、バンクーバーのアーツ・アンブレラ、ダンサーズ・ワークショップ、インターローヘン・アーツ・アカデミー、ポイント・パーク大学、ガウチャー・カレッジ、マーシーハースト大学、アイオワ大学などで活動。

パターソン女史は、共感と思いやりを提唱し、本物の弱者、つまり内なる声を探し求める。彼女はアートを用いて私たちの人間性と相互のつながりを検証し、癒し、創造的なプロセスを通じて団結とコミュニティを築くという芸術の力を信じている。

訪問

過去のダンスラボ

ブライアン・アリアス

オーウェン/コックス・ダンス

訪問

チャリッサ・バートン

ウィリアムズ/ヘンリー
コンテンポラリー・ダンス・カンパニー

訪問

ビクトリア・マークス

シュトルリング・ダンス・シアター

訪問

ステファニー・マルティネス

カンザスシティ・バレエ団

訪問

イレーネ・ロドリゲス

カンザスシティ・バレエ団

訪問

シディラ・ベル

オーウェン/コックス・ダンス・グループ

訪問

キャロリン・ドーフマン

シュトルリング・ダンス・シアター

訪問

ロニ・コレシュ

ウィリアムズ/ヘンリー・コンテンポラリー・ダンス・カンパニー

訪問

カイリ・クアン

オーウェン/コックス・ダンス・グループ

訪問

ロージー・ヘレラ

シュトルリング・ダンス・シアター

訪問

ミカエラ・テイラー

ウィリアムズ/ヘンリー・コンテンポラリー・ダンス・カンパニー

訪問
通常、プログラムは委嘱作品のライブ・プレミアでクライマックスを迎える。2020年の間、これらの振付家たちはCOVID-19の真っ最中にカンパニーと関わり、リハーサルを行い、舞台ではなく映像のための作品を創作することもあった。すべてではないにせよ、多くの作業は遠隔で行われた。ジョンソン・カウンティ・コミュニティ・カレッジのミッドウエスト・トラスト・センター(旧カールセン・センター)では2回の撮影が行われたが、他の2つのカンパニーは遠隔撮影を選択し、1つのケースでは複数の都市で撮影を行った。最終的には ニュー・ダンス・パートナー 2020.

このラボは、ジョンソン・カウンティ・コミュニティ・カレッジのパフォーミング・アーツ・シリーズ/カールセン・センターが2013年に立ち上げた、地域のダンス認知戦略を開発するためのイニシアチブ「ニュー・ダンス・パートナーズ」の一環である。ニュー・ダンス・パートナーズを通じて、地元のプロのダンスカンパニーから選ばれたグループが、郡内の評判の高い振付家とペアを組み、新作を創作する。このプログラムは、地域のダンスカンパニーに芸術的発展を促進・維持する機会を提供する一方、カンザス州の地域密着型のフェスティバルを通じて地域のダンス観客を増やし、地域の幅広いダンスを称賛するものである。

このラボは、国内の振付家との有意義な交流を通じて、地元のダンス・カンパニーの前進と芸術的発展の機会を提供し、地域のダンスの知名度を高め、地元の才能を浮き彫りにすることを目的としています。カンザスでは、あらゆる経歴とダンス分野からの応募を歓迎します。ジョンソン郡以外からの応募者には、若干の旅費を支給する場合があります。

対象者

カンザス州在住の18歳以上のダンス・プロ志望者。

応募期間

2021年の申請期間はまだ発表されていない。

新人振付家とのライブQ&A

2021年1月21日午後4時からのウェビナー

登録後、入会に関する情報が記載された確認メールが届きます。

コンタクト

,

コンタクト

ケイト・ヴァン・スティーンホイス、KCAICアシスタント・ディレクター

(785) 379-1608

[email protected]

文化開発プログラムについてもっと知りたい?

ja日本語