ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

2024 ひまわりサマープログラム、5月25日~8月11日に実施 カンザス州観光局は、5月25日(土)にカンザス州の家族を対象とした2024年サンフラワー・サマー・プログラムを開始すると発表した。カンザス州の学生とその家族を対象にしたサンフラワー・サマー・プログラムでは、州内の220以上の観光名所を無料で利用できる。2024年ひまわりサマーは8月11日まで開催される。 トーランド副知事、$50万ドルの観光地開発補助金を発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、魅力開発補助金の最新ラウンドで$50万ドルが授与されたことを発表した。 商務省、求職者にバーチャル州政府機関ジョブフェアへの参加を奨励 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、5月22日(水)午前8時から午後5時まで開催されるKANSASWORKS主催の「カンザス州政府機関バーチャル・ジョブフェア」に参加するよう求職者に勧める。 メインストリートコミュニティに上層階住宅補助金を支給 トピカ - デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州メインストリート指定地域の商業ビル上層階住宅を支援するため、Residential Opportunities on Main Street(ROOMS)補助金プログラムにより$40万ドルを提供することを発表した。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

カンザス州クリエイティブ・アーツ産業委員会、専門家養成研究所を発表

4月 10, 2019

この記事を共有する

カンザス州トピカ発-舞台芸術施設とプレゼンターを対象としたカンザス・パフォーミング・アーツ・カンファレンスが4月25日(木)に開催される。カンザス州ジャンクション・シティのC.L.フーバー・オペラ・ハウスで午後1時に始まる。

カンザス創造芸術産業委員会とカンザス・ヒストリック・シアター・アソシエーションは、カンザス地域の舞台芸術施設とプレゼンターを、全米で著名なランディ・コーエン氏(アメリカンズ・フォー・ジ・アーツ)とマリオ・ガルシア・ダーラム氏(舞台芸術専門家協会)を講師に招いた会議に招待する。

この刺激的でダイナミックな講演者たちは、カンザス州コミュニティの経済効果と生活の質における劇場と舞台芸術の重要性を共有する。また、州内の地域プレゼンターとネットワークを築く機会も提供する。

登録は$25で、オンラインで:

jcoperahouse.org - カンザス舞台芸術会議 または電話:(785) 238-3906。

スケジュール

12:00 - 13:00 ウォーカー・ロビーにて受付

1:00 - 1:10 pm 歓迎と自己紹介

1:10 - 1:55 pm ランディ・コーエン

13:55 - 14:40 マリオ・ガルシア・ダーラム

2:40 - 3:10 pm ネットワーキング・ブレーク(軽食付き

3:10 - 4:00 pm ランディとマリオとの質疑応答タイム

16:00 - 18:00 各自夕食

6:00 - 6:30pm ネットワーキングとシャンパン&チーズケーキの無料サービス

6:30 - 8:30 pm イブニング・ショーケース TBA

ランディ・コーエンについて 

ランディ・コーエンは、全米有数の芸術擁護団体であるアメリカンズ・フォー・ジ・アーツのリサーチ・政策担当副社長。1991年以来のスタッフであるランディ・コーエンは、芸術資金、調査、地域開発問題への芸術の活用の分野で著名な専門家として知られている。芸術に関する全米最大の世論調査である『Americans Speak Out About the Arts』を出版し、非営利芸術団体とその観客の全国的な経済効果調査である『Arts & Economic Prosperity』と、全米67万5,000の芸術ビジネスとその従業員のマッピング調査である『Creative Industries』という、芸術に関する2つの主要な経済調査をプロデュースしている。また、「芸術を支援する10の理由」ブログは、メディア出版協会(Association of Media & Publishing)より、その年の最優秀ブログ記事に贈られる金賞を受賞した。また、ロバート・レッドフォードとサンダンス・インスティテュートとのパートナーシップにより、アメリカ文化の発展に力を注ぐリーダーたちが毎年集まる「ナショナル・アーツ・ポリシー・ラウンドテーブル」を立ち上げた。また、ウォール・ストリート・ジャーナル紙、ニューヨーク・タイムズ紙、C-SPAN、CNN、CNBC、NPRなどのニュースメディアにも定期的に登場している。

マリオ・ガルシア・ダーラムについて

2011年10月、マリオ・ガルシア・ダーラムは、1957年の設立以来5人目となる舞台芸術専門家協会(APAP)の会長兼CEOに就任した。APAPでリーダーシップを発揮する前は、全米芸術基金(NEA)に勤務し、2004年から2011年までアーティスト・コミュニティ&プレゼンティング・ディレクターを務めた。NEAでは、オバマ大統領夫妻主催の「An Evening of Poetry」や「NEA Opera Honors」などのプログラムに貢献。NEAのアーティスト・コミュニティ助成プログラムを発足させ、米国における野外アート・フェスティバルの影響に関する画期的な研究である『Live from Your Neighborhood』の創始者でもある。1990年代には、数々の管理職を歴任し、ヤーバ・ブエナ・センター・フォー・ジ・アーツの芸術監督を務めた後、2000年に毎年開催されるヤーバ・ブエナ・ガーデンズ・フェスティバルのプロデュース団体であるヤーバ・ブエナ・アーツ&イベントを設立。この野外イベントでは、サンフランシスコ・オペラやサンフランシスコ・バレエ団などによる100以上の無料公演が行われ、10万人の観客を動員している。20年以上にわたるプレゼンターとしてのキャリアを通じて、ダーラム氏は数多くの理事会、特別諮問委員会、資金調達委員会の委員を務めてきた。現在は、Alliance of Artist CommunitiesとData Arts(旧Cultural Data Project)の理事を務めている。ダーラム氏は、米国の主要な舞台芸術サービス団体のリーダーで構成されるパフォーミング・アーツ・アライアンスの副会長を務めている。また、ワシントンDCのPBS局WETAのコミュニティ諮問委員会、アメリカン大学アート・マネジメント諮問委員会のメンバーでもある。ヒューストン大学を卒業したダーラムは、幅広いパフォーミング・アーツと進化するパフォーマンス・メディア・アートに情熱を注いでいる。

カンザス歴史劇場協会について

カンザス・ヒストリック・シアター・アソシエーション(KHTA)は、カンザスの劇場の豊かな遺産を理解、教育、保存し、地域社会と次世代のために役立てることを目的に設立された非営利団体である。KHTAの目標は、私たちの歴史における重要な建築的・文化的時代の一例として劇場を保存し、市民の誇りと都市の経済的活性化の源として建物を実用化することである。

プロフェッショナル養成機関について 

KCAICは19年度を通じて、関連する種類や分野の芸術団体に焦点を当てた専門能力開発イベントを毎年開催する。これらのPDIは、各分野のナショナル・リーダーから有意義なリーダーシップ開発を提供し、特定の実践共同体をさらに発展させる同業者ネットワークを育成する。

このプログラムはカンザス州創造芸術産業委員会の支援を受けており、同委員会は連邦政府機関である全米芸術基金(National Endowment for the Arts)からの支援を受けている。


ja日本語