ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

コマース・バーチャル・ジョブ・フェアで多数のキャリア・チャンスを提供 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、新たな人材を求めるカンザス州の求職者と雇用主に対し、今月開催されるバーチャル州全体ジョブフェアへの参加を呼びかけている。KANSASWORKS主催のジョブフェアは、4月24日(水)午前8時から午後5時まで開催される。 ケリー州知事、2023年の年間最優秀輸出業者を祝う:タンク・コネクション ローラ・ケリー知事は本日、パーソンズのタンク・コネクション社を訪問し、2023年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた同社を正式に称えた。ドライバルクと液体貯蔵システムの世界的リーダーであるタンク・コネクションは、6大陸64カ国に輸出している。 ケリー知事、デジタルの機会に$8M以上の投資を発表 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州のデジタル・エクイティ(DE)プランの実施に向け、$820万ドルの支援を受けると発表した。この発表は、カンザス州全域の高速インターネット接続とデジタル・オポチュニティの状況を変えるという州のコミットメントを確固たるものにするものである。 2024年度マイノリティ・女性企業開発賞のノミネート受付開始 本日、デービッド・トーランド副知事兼商務省長官は、2024年マイノリティ企業開発(MED)週間賞の候補者募集を発表した。この年間表彰は、マイノリティや女性主導の企業が地域社会やカンザス経済に与える影響の拡大を認め、それを見守るための一つの方法である。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

カンザス州が農村の繁栄を定義する

8月 26, 2019

この記事を共有する

カンザス州知事ローラ・ケリーの新しい地方繁栄局リスニング・ツアーは、このほどドッジ・シティで12回目を迎え、この夏の最後の訪問地となった。8月7日にブートヒル・カジノ&リゾート・カンファレンスセンターで開催された公開リスニングツアーでは、リン・ロジャーズ副知事が司会を務め、ドッジシティとその周辺の町の住民が、彼らにとっての繁栄とは何か、カンザス州南西部でどのような取り組みが成功し、どのような改善がまだ必要だと考えているかを共有した。

この聴聞ツアーは、農業、カンザス州の農村、小さな町に席を与えたいという州農村繁栄チームの願いから生まれた。カンザス州農村部の人々は以前、トピカが自分たちの話を聞いてくれないと感じたと語っており、ロジャーズ氏は知事とともにそのメッセージを心に刻んだと語った。

「そこで私たちが行っているのは、私たちが行うあらゆる政策や手続き、そして願わくば議会が通過させる法律について、それがカンザスの農村部や小さな町にどのような影響を与えるかを考慮することです」。と、ロジャースはドッジシティのグループで演説した。

ロジャーズ氏は、野生生物・公園・観光省のブラッド・ラブレス長官や他の州職員とともに、カンザス州南西部を視察した。彼らはスピアビルとジェットモアを訪問し、公聴会の前にドッジシティで農業生産者や地域リーダーと会談した。

「ここで何が起こっているのか、いい味をしめたよ」とロジャースは言った。

この夏、彼のチームはカンザス州を回り、「カンザス州の地方が繁栄するために不可欠と思われる7つの重要な要素」に焦点を当てた。その7つの要素とは

1.農村部の住宅開発

2.メインストリートの活性化

3.地方のインフラへの投資;

4.地方の病院と医療従事者の採用を支援する;

5.州政府をカンザス州の農村部のために機能させる

6.アクティブ・ツーリズムを奨励する。

7.アグリビジネスを支援する。

農村の繁栄とは何か?

ロジャーズ氏の挨拶の後、リスニング・セッションの参加者はグループに分かれ、それぞれのコミュニティで起きていることを共有した。各グループは以下の質問に答えた:

  • 繁栄とは何か?どのように定義するのか?
  • カンザスの農村部で私たちは何を正しく実践しているのか?見どころは?
  • 何があなたの行く手を阻んでいるのか?地元で、州全体で、あるいは全国で、何か違うやり方があるだろうか?

分科会でそれぞれのコミュニティの成功と課題について話し合った後、参加者はグループ全体とロジャーズ氏とで話し合いのハイライトを共有した。コミュニティのメンバーは、ガーデン・シティのメイン・ストリートの繁栄と経済発展、ドッジ・シティの観光イニシアティブ、カンザス州南西部の再生可能エネルギーへの取り組みを賞賛した。

ハイウェイ50号線を4車線に拡張する必要性についての参加者の発言には、会場から拍手が起こった。地域住民のその他の懸念事項としては、教師や医師の不足、手頃な価格の住宅の必要性、人口をより反映させるためのマイノリティ指導者の不足、カンザス州南西部における4年制大学の必要性などが挙げられた。

先日、ロジャー・マーシャル下院議員のビッグファーストの議席に挑戦することを表明したガーデンシティの民主党議員、カリ・バーネット氏は、ドッジシティの公聴会に出席した。彼女は、副知事の質問に対する分科会グループの回答を報告し、農村地域の繁栄には教育と保育の選択肢が重要であることを強調した。

「家庭が仕事に行き、保育のための場所を確保するために、幼児教育の選択肢はあるのでしょうか?

次のステップ

知事府からのプレスリリースによると、地方繁栄局は2020年度予算で$200万ドルの割り当てが承認された。

すべての地方繁栄ツアーからのフィードバックがまとめられ、チームはそれらの報告を知事と共有する。また、州議会議員が取ることのできる行動手順についての提言も行う。

ロジャーズ氏は、リスニング・ツアーに参加できなかったカンザス州民に対し、以下のサイトを訪れるよう呼びかけている。 www.ruralkanprosper.ks.gov そして、農村地域社会における機会拡大についてのアイデアを共有する。

ショーナ・ランボーへの連絡先は620-227-1805または[email protected]

コンテンツ検索元 https://www.hpj.com/ag_news/kansans-define-rural-prosperity/article_df56a982-c5d3-11e9-ae9e-075934848fe9.html.


ja日本語