ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

農村の壁画およびパブリック・アート・プロジェクトに商工助成金 カンザス州商務省(Department of Commerce)は本日、農村部の壁画と公共アート・プログラムの新ラウンドに総額$75,000ドルの資金を提供することを発表した。このプログラムは、農村地域が地域の美観を向上させる魅力的な新しいアートをデザインし、そこに住む人々だけでなく、潜在的な新しいビジネスや住民にとっても魅力的な地域となるよう支援するものである。 カンザス州、農村部のデジタルデバイドを支援するため米国農務省から約$1百万ドルを獲得 カンザス州ブロードバンド開発局(KOBD)は、米国農務省ルーラル・ユーティリティ・サービス(Rural Utilities Service)の新しいブロードバンド技術支援(BTA)助成金プログラムを通じて、約$1万ドルを獲得した。$997,000の助成金は、カンザス州の6つの田舎郡における事前エンジニアリング設計調査に資金を提供し、ブロードバンドがそこで展開される際のコスト削減と回避可能な障壁の特定を支援する。 クリークストーン・ファーム カンザス・プレミアム・ミートを世界に提供 Creekstone Farms®では、畑から食卓まで、卓越した品質が特徴です。アーカンソー・シティを拠点とするクリークストーン・ファームズ®は、世界中の消費者が求める高級牛肉と豚肉を生産しており、アンガス牛とヘリテージ・デュロック豚は世界中の愛好家に愛されている。 2024年度ガバナー・エクスポーター・オブ・ザ・イヤー賞候補者推薦開始 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州商務省が2024年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤー賞の候補者募集を開始したことを発表した。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

カンザスでダウンタウンの高層階プロジェクトに関するワークショップが開催される。

7月 16, 2021

この記事を共有する

TOPEKA - デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州メインストリート・プログラムが全米で高い評価を得ている アップステアーズ・ダウンタウン 8月にハッチンソンでワークショップを開催。

8月16日から17日の2日間、ハッチンソンのダウンタウンで開催されるこのワークショップでは、ダウンタウンの小規模ビルの上層階スペースの再開発に関する情報が提供される。このワークショップは、特にダウンタウンの商業ビジネス地区の改善を目指す小規模ビルのオーナーや地域コミュニティのリーダーを対象としている。

「カンザス・メインストリート・プログラムは、ダウンタウンの商業と生活の質の向上に新たな可能性を生み出すために存在する。 アップステアーズ・ダウンタウン その使命にぴったりだ。 とトーランド副知事/秘書官は語った。 「最近の農村住宅奨励地区プログラムの拡大によって生まれた新たな住宅機会を含め、2階の開発は多くの可能性の扉を開きます。ダウンタウンのビルで2階を改装したい方は、ぜひこのミーティングを利用して詳細を学んでください。"

カーモディ・コンサルティングのダン・カーモディ氏と建築家のマイク・ジャクソン氏(FAIA)によるこのワークショップは、典型的なメインストリートの建物の上層階スペースを再利用するプロセスを解明するために企画された。カーモディとジャクソンは、様々な用途に対応するために必要な設計変更、適用が必要な建築基準法、利益を上げるために必要な財政的手段、こうしたプロジェクトを容易に進めるために地域社会ができることなどについて、知識と経験を共有する。

このワークショップでは、最近承認された農村住宅奨励地区(RHID)法に関するパネルディスカッションを行い、ダウンタウンプロジェクトにおける法規制や火災軽減の問題を取り上げる。パネルディスカッションには、カンザス州で高層階開発を成功させたビル所有者も参加する。

「住宅問題はカンザス州全体の重要な課題であり、ダウンタウンはカンザス州の住宅問題解決の一助となる役割を果たすことができると考えている。 カンザス・メイン・ストリート・プログラムのディレクター、スコット・スウェルは言う。 「しかし、住宅問題は非常に重要であるため、上層階スペースの開発方法について学びたいすべての人にこの機会を提供したいと考えた。

座席数には限りがあり、事前登録が必要。参加費は$50で、定員になり次第締め切ります。

ワークショップへのお申し込みはこちらから。

詳細については、カンザス・メインストリート 電話:(785) 296-7288、Eメール:(785) 296-7288までお問い合わせください。  [email protected].

アップステアーズ・ダウンタウンについて

アップステアーズ・ダウンタウンのトレーニング・プログラムは、2005年のイリノイ州メインストリート会議のために、ダン・カーモディとマイク・ジャクソンによって開発された。この会議はロックアイランドで開催され、カーモディは革新的な形態の住宅を建設するための深い能力を開発した地域密着型の開発非営利団体を率いていた。ジャクソンは、イリノイ州の建築家という立場から、開発業者にとっては小さすぎる建物を、全米の地域社会で需要が高まり始めている住宅に変えるために、小規模の不動産所有者が取り組むのを支援する必要性を感じていた。2005年以降、ダウンタウンの住宅は主流になりつつあるが、歴史的な特徴を持つ小規模な建物の改修を地域が支援する必要性は依然として残っている。アップステア・ダウンタウン」は、不動産開発業者ではないものの、小規模な歴史的建造物の価値を高め、経済的な活力を生み出すことを目指すメインストリートの関係者のために企画された。

カンザス・メインストリートについて

カンザス・メインストリートは、Main Street America™ Coordinating Program(メインストリート・アメリカ・コーディネーティング・プログラム)として、全米40以上のコーディネーティング・プログラムと1,200を超える地域社会からなる強力な草の根ネットワークをリードしています。カンザス・メインストリートに指定されている地域は、アチソン、オーガスタ、ボールドウィンシティ、ベルヴィル、シャヌート、コフィービル、ダッジシティ、エルドラド、エンポリア、ガーデンシティ、ホイシントン、ホルトン、ハッチンソン、インディペンデンス、ジャンクション・シティ、レブンワース、メアリスビル、マクファーソン、オタワ、オーバーランドパーク、パーソンズ、ピーボディ、フィリップスバーグ、ラッセル、セネカ、スターリング、ワムゴ、ウィンフィールドなど。


ja日本語