ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

カンザス州、農村部のデジタルデバイドを支援するため米国農務省から約$1百万ドルを獲得 カンザス州ブロードバンド開発局(KOBD)は、米国農務省ルーラル・ユーティリティ・サービス(Rural Utilities Service)の新しいブロードバンド技術支援(BTA)助成金プログラムを通じて、約$1万ドルを獲得した。$997,000の助成金は、カンザス州の6つの田舎郡における事前エンジニアリング設計調査に資金を提供し、ブロードバンドがそこで展開される際のコスト削減と回避可能な障壁の特定を支援する。 クリークストーン・ファーム カンザス・プレミアム・ミートを世界に提供 Creekstone Farms®では、畑から食卓まで、卓越した品質が特徴です。アーカンソー・シティを拠点とするクリークストーン・ファームズ®は、世界中の消費者が求める高級牛肉と豚肉を生産しており、アンガス牛とヘリテージ・デュロック豚は世界中の愛好家に愛されている。 2024年度ガバナー・エクスポーター・オブ・ザ・イヤー賞候補者推薦開始 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州商務省が2024年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤー賞の候補者募集を開始したことを発表した。 商工省、求職者に今年初の全州バーチャルジョブフェアへの参加を呼びかけ デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、人材を探している求職者と雇用主に対し、今年最初のバーチャル州全体ジョブフェアへの参加を奨励している。KANSASWORKS主催のジョブフェアは、2月21日(水)午前8時から午後5時まで開催される。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

トーランド副知事、2人の新理事を発表

6月 01, 2022

この記事を共有する

TOPEKA - デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、同省で新たに2人を採用したことを発表した。ジェイド・ピロス・デ・カルバーリョがブロードバンド開発局の新局長に、パトリック・ローリーがマーケティング・コミュニケーション局長に就任する。

ジェイド・ピロス・デ・カルバーリョは、カンザス州を拠点とする地方ブロードバンド・プロバイダーであるIdeaTek社で、政府関係、地域社会との関係、事業開発、マーケティングを経験したブロードバンド業界のベテラン幹部である。ピロス・デ・カルバーリョは、ブロードバンド拡大政策のアドボカシー活動の管理とともに、同社のデジタル・エクイティ活動の陣頭指揮も執った。ピロス・デ・カルバーリョ氏は、州全体のブロードバンドの成長と拡大を促進するためのコマースの取り組みを指揮する。

「ジェイドをコマース・チームに迎えることができて感激している。彼女の幅広い知識とブロードバンド開発の経験は、私たちを次のレベルへと導いてくれるでしょう" デービッド・トーランド副知事兼商務長官はこう語った。 "ジェイドは、州全体にブロードバンドアクセスを拡大するためのプログラムを確保するため、精力的に取り組んでいく"

また、ピロス・デ・カルバーリョは、現在ハッチンソン市の市長として3期目を務めており、選挙で選ばれた公職者として9年間の地方自治の経験がある。ウィチタ州立大学で学士号、ミズーリ大学コロンビア校で公共問題修士号を取得。

「カンザス州民の誰もが安価な高速ブロードバンドにアクセスできるようにするという歴史的な機会に、州を担当できることを光栄に思う。 とピロス・デ・カルバーリョは言う。.「カンザス州のすべての地域社会が、学校と企業の繁栄に必要なブロードバンド・アクセスを確保できるよう、州内の指導者たちと協力することを楽しみにしています」。

パトリック・ローリーは、ヘイズ・デイリー・ニュースの編集発行人を長年務め、マーケティング・コミュニケーション業界で豊富な経験を持つ。最近では、カンザス・コミュニティ・ケア・ネットワークの広報・政府関係担当ディレクター、カンザス・ヘルス・インスティテュートの戦略的広報・関与担当ディレクターなどを務めた。ベネディクティン・カレッジでMBAを取得し、トピカを拠点に活動する。

「パトリックは、マーケティングとコミュニケーションのリーダーとして素晴らしい実績を残しており、協調的なスタイルで、カンザス州を世界に効果的に売り込むことを確約してくれる。 デービッド・トーランド副知事兼商務長官はこう語った。 「彼は、カンザス州の記録的なビジネス開発・採用活動、労働力開発イニシアティブ、ブロードバンド機会、地域開発活動を推進するために、全力で取り組んでくれるでしょう。パットは、カンザス州のストーリーを国内外に発信してくれることでしょう。

ローリーは、カンザス州を最高のビジネス拠点として売り込むため、社内外のパートナーと協力し、クラス最高のマーケティング・コミュニケーション戦略を構築するコマース社の取り組みに尽力する。ローリーは、コミュニケーション活動を最大化し、全体的な戦略的方向性をサポートするためにコミュニケーション・チームを動かし、プラットフォーム間のメッセージングを調整し、最も適切なタイミングで適切なストーリーが発信されるようにすることに注力する。

「カンザス州商務省の一員となり、カンザス州の力強いメッセージを伝えるお手伝いができることを大変嬉しく思っています。 ローリーが言った。.「ここ数ヶ月の間に発表された数々の開発案件は、カンザス経済がますます力強さを増していること、そしてカンザス州の戦略計画が成功裏に実施されていることを物語っています。私は、カンザス州が住みやすく、働きやすく、遊びやすい場所であることを保証するために熱心に働く専門家グループの一員になることを楽しみにしています。"

カンザス州商務省について

カンザス州商務省は、カンザス州の主要な経済開発機関として、個人、企業、地域社会がカンザス州の繁栄を達成できるよう支援している。カンザス州商務省は、カンザス州、米国、世界の企業、立地コンサルタント、利害関係者との関係を構築することで、その使命を果たしています。強力なパートナーシップにより、カンザス州の既存企業が成長できる環境を整え、新規企業にとって革新的で競争力のある環境を育成することができます。カンザス州の2021年プロジェクトは、以下のような成功を収めています。 サイトセレクション誌 ガバナー杯受賞エリア開発マガジンの ゴールド・シャベル賞 と命名された。 サイトセレクション誌 最高のビジネス環境 アメリカ西北中部地域の同局の経済成長戦略計画はこちら: カンザス州成長の枠組み.


ja日本語