ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー州知事、2023年の年間最優秀輸出業者を祝う:タンク・コネクション ローラ・ケリー知事は本日、パーソンズのタンク・コネクション社を訪問し、2023年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた同社を正式に称えた。ドライバルクと液体貯蔵システムの世界的リーダーであるタンク・コネクションは、6大陸64カ国に輸出している。 ケリー知事、デジタルの機会に$8M以上の投資を発表 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州のデジタル・エクイティ(DE)プランの実施に向け、$820万ドルの支援を受けると発表した。この発表は、カンザス州全域の高速インターネット接続とデジタル・オポチュニティの状況を変えるという州のコミットメントを確固たるものにするものである。 2024年度マイノリティ・女性企業開発賞のノミネート受付開始 本日、デービッド・トーランド副知事兼商務省長官は、2024年マイノリティ企業開発(MED)週間賞の候補者募集を発表した。この年間表彰は、マイノリティや女性主導の企業が地域社会やカンザス経済に与える影響の拡大を認め、それを見守るための一つの方法である。 ケリー州知事、KMW社がスターリング市に$105万ドルを投資し、カンザス州で251人の新規雇用を創出すると発表 ローラ・ケリー州知事は本日、農業用フロントローダー、バックホー、その他アタッチメントの精密メーカーであるKMW社が、$1億500万ドルを投資し、スターリング市に新たな北米本社と最新鋭の生産施設を建設することを発表した。この事業により251人の新規雇用が創出され、地元の労働人口は485人となる。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

ローラ・ケリー知事政権、台湾と重要な小麦取引に調印

9月 16, 2022

この記事を共有する

TOPEKA - 台湾の代表団が国賓訪問した際、東アジアの政府関係者は、今後2年間で米国農家から6,600万ブッシェルの小麦を購入することに合意した。およそ$5億7,600万に相当するこの穀物取引は、カンザス州の小麦農家によって大幅に履行される予定である。 

カンザス州農務省と商務省は本日、台湾農業貿易親善使節団の一環として、カンザス州議会議事堂にて台湾産小麦の調達調印式を共催した。台湾製粉協会(TFMA)と台北駐日経済文化代表処(TECO)の代表も参加した。 

「台湾のような強力なパートナーを通じて、カンザス州は世界に食糧を供給している。 ローラ・ケリー知事はこう語った。 「昨年、カンザス州の農業輸出は史上初めて$5億を超えました。カンザス州の農家、牧場主、生産者は州経済に大きく貢献しており、農業における世界的な大国としての地位を確固たるものにしています。 

1998年以来、台湾は貿易関係強化のため、合計13回の農業貿易使節団を米国に派遣している。今年のミッションでは、ワシントンD.C.とカンザス州を含む特定の農業州を訪問し、台湾が米国から高品質の小麦を継続的に購入する意向であることを示した。  

「我々は、台湾の人々との継続的なパートナーシップと、カンザス産小麦の購入に対する彼らのコミットメントに心から感謝している。 デビッド・トーランド副知事兼商務長官は次のように述べた。.「台湾は、小麦、大豆、航空機、航空宇宙部品など、我々の輸出市場の多くにおいて重要なパートナーであり続けている。私たちはこの関係を大切にし、今後もさらに互恵的な機会を追求していくつもりだ。 

TFMAとカンザス州小麦委員会は今朝、2023年と2024年に台湾が6,600万ブッシェルの小麦を購入することに関する共同意向書に署名した。この契約の大部分はカンザス州の農家からのものであるが、小麦の売買に関する条件、数量、価格、条件については、各輸入業者と供給業者の間で個別に交渉される。 

2021年、台湾はカンザス農産物の第5位の輸出市場であり、牛肉、油糧種子、穀物、小麦粉を含むカンザス農産物を$224百万ドル以上調達した。  

「カンザス州は台湾との経済・農業貿易関係を重視している。今回の親善使節団は、カンザス州と台湾の数十年にわたる農業貿易で培われた親密な関係を紹介するものです。 マイク・ビーム農務長官は次のように述べた。.「TECOと台湾農業貿易親善使節団の代表がカンザスで時間を過ごしてくれたことに心から感謝します。これらの農産物購入の約束は、カンザス州の農家、農業関連企業、農村地域に直接的な利益をもたらすでしょう」。 

台湾農産物貿易親善使節団は2年ごとに実施され、台湾の消費者が最高品質の米国産農産物を好むことを示している。  

以下の写真はメディア用です:

写真1

写真2

写真3


ja日本語