ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー州知事、2023年の年間最優秀輸出業者を祝う:タンク・コネクション ローラ・ケリー知事は本日、パーソンズのタンク・コネクション社を訪問し、2023年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた同社を正式に称えた。ドライバルクと液体貯蔵システムの世界的リーダーであるタンク・コネクションは、6大陸64カ国に輸出している。 ケリー知事、デジタルの機会に$8M以上の投資を発表 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州のデジタル・エクイティ(DE)プランの実施に向け、$820万ドルの支援を受けると発表した。この発表は、カンザス州全域の高速インターネット接続とデジタル・オポチュニティの状況を変えるという州のコミットメントを確固たるものにするものである。 2024年度マイノリティ・女性企業開発賞のノミネート受付開始 本日、デービッド・トーランド副知事兼商務省長官は、2024年マイノリティ企業開発(MED)週間賞の候補者募集を発表した。この年間表彰は、マイノリティや女性主導の企業が地域社会やカンザス経済に与える影響の拡大を認め、それを見守るための一つの方法である。 ケリー州知事、KMW社がスターリング市に$105万ドルを投資し、カンザス州で251人の新規雇用を創出すると発表 ローラ・ケリー州知事は本日、農業用フロントローダー、バックホー、その他アタッチメントの精密メーカーであるKMW社が、$1億500万ドルを投資し、スターリング市に新たな北米本社と最新鋭の生産施設を建設することを発表した。この事業により251人の新規雇用が創出され、地元の労働人口は485人となる。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

ケリー州知事、アフォーダブル・コネクティビティ・プログラムの普及に向けた州全体のイニシアチブを開始

3月 15, 2023

この記事を共有する

TOPEKA - ローラ・ケリー州知事は本日、低所得世帯の高速インターネット料金を支援するプログラム「アフォーダブル・コネクティビティ・プログラム(ACP)」の認知度を高めるための州全体の取り組みを発表した。ACPは$142億ドルの連邦ブロードバンド給付金で、対象世帯に月額最大$30(対象部族の土地に住む世帯は月額最大$75)の割引と、ノートパソコン、デスクトップパソコン、タブレットの1回限りの$100の割引を提供する。

カンザス州にはACPの受給資格がある世帯が438,634世帯あるが、そのうちの93,244世帯(21%)しか加入していない。

「今日の経済状況において、高速インターネットへのアクセスは贅沢品ではない。 ローラ・ケリー知事は次のように述べた。.「カンザス州が2030年までにブロードバンド・アクセスのトップ10入りを目指す上で不可欠なものです。より多くのカンザス市民に知ってもらう必要がある。"

「ケリー政権は、ブロードバンド接続がすべてのカンザス市民に利用できるようにすることだけでなく、その実現にもしっかりと取り組んでいる。 デビッド・トーランド副知事兼商務長官は次のように述べた。しかし、それは手頃な価格でもある。ACPは、助けを必要とする人々のために、その障壁を軽減するのに役立ちます」。

ブロードバンド料金の格差是正を使命とする全国的な非営利団体EducationSuperHighwayとの提携により、知事のイニシアティブは、地域の関係者、サービスプロバイダー、非営利団体、高等教育機関の幅広い連合体を構築し、恵まれない地域の世帯の入学を阻む障壁を克服する。

「カンザス州に存在するデジタル・デバイドを埋めるには、これらすべてのパートナーが協力する必要がある。 ブロードバンド開発ディレクターのジェイド・ピロス・デ・カルバーリョは次のように語った。.「ACPは、州全体のブロードバンドアクセスを向上させるもう一つの重要なステップであり、その結果、カンザス州民の接続がさらに拡大することになる」。

ACP対象世帯には、連邦貧困レベルの200%以下の所得がある世帯や、ライフライン、SNAP、無料・割引価格学校給食、WIC、その他の政府助成プログラムを受ける資格がある世帯が含まれる。

インターネット・サービス・プロバイダーが、月額$30以下の高速インターネット・プランを提供することを約束したことで、対象となる世帯は、ACP給付金とこれらの「ACP付き無料」ブロードバンド・プランのいずれかを組み合わせることで、高速インターネットを無料で利用することができる。

「カンザス州は、対象世帯がアフォーダブル・コネクティビティ・プログラムについて知り、簡単に登録し、高速インターネット・サービスを契約できるようにすることで、デジタル・デバイド解消の先導役となっている。 EducationSuperHighwayのエヴァン・マーウェルCEOは次のように述べている。.「何百万人もの人々を無縁にしている障壁を取り除こうとするケリー知事の大胆なリーダーシップに拍手を送りたい。

EducationSuperHighwayは、地域社会のリーダーやパートナー団体を訓練し、世帯の加入を支援するためのアウトリーチ資料を提供することで、州全体の認知度を向上させる。非営利団体は最近 GetACP.org/Kansas ACPの加入手続きを簡素化するため、対象世帯が資格を得るための最も簡単な方法を決定し、その住所で利用可能な「ACPで無料」のブロードバンドプランについて詳しく知ることができるよう支援する。


ja日本語