ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

2024 ひまわりサマープログラム、5月25日~8月11日に実施 カンザス州観光局は、5月25日(土)にカンザス州の家族を対象とした2024年サンフラワー・サマー・プログラムを開始すると発表した。カンザス州の学生とその家族を対象にしたサンフラワー・サマー・プログラムでは、州内の220以上の観光名所を無料で利用できる。2024年ひまわりサマーは8月11日まで開催される。 トーランド副知事、$50万ドルの観光地開発補助金を発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、魅力開発補助金の最新ラウンドで$50万ドルが授与されたことを発表した。 商務省、求職者にバーチャル州政府機関ジョブフェアへの参加を奨励 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、5月22日(水)午前8時から午後5時まで開催されるKANSASWORKS主催の「カンザス州政府機関バーチャル・ジョブフェア」に参加するよう求職者に勧める。 メインストリートコミュニティに上層階住宅補助金を支給 トピカ - デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州メインストリート指定地域の商業ビル上層階住宅を支援するため、Residential Opportunities on Main Street(ROOMS)補助金プログラムにより$40万ドルを提供することを発表した。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

HPIP税額控除の譲渡

2021年立法会議において、上院法案65が可決され、ケリー知事が署名した。この法案は、HPIP認定企業が一定の条件のもと、HPIP税額控除を他の企業や個人に譲渡することを認めるものである。

一般的なHPIP税額控除移行要件

  • HPIP税額控除を受けるためには、その課税年度においてHPIPの認定を受けていなければならない。
  • 2021年1月1日以降に使用開始されたプロジェクトについては、納税者は認められた税額控除の50%まで売却または譲渡することができる。
  • 納税者は、1人以上の譲受人に売却または譲渡することができるが、すべての譲渡の合計が納税者のHPIP税額控除の50%を超えてはならない。
  • HPIP認定企業は、HPIP税額控除の譲渡を1会計年度内に2回まで申請することができる。 
  • 譲渡可能なHPIP税額控除(50%)は、その年に発生したHPIP税額控除を、将来の譲渡のために翌年以降に繰り越すことはできません。例えば、暦年で$2,000,000のHPIP税額控除が発生した場合、最大50%または$1,000,000の税額控除を譲渡することができます。 もし、$700,000を第三者に譲渡した場合、残りの$300,000は翌年度に譲渡することはできない。 
  • このクレジットは個人または法人に譲渡することができ、譲渡された年に譲受人の納税義務に対して請求される。
  • ただし、そのような控除は、その控除が最初に請求された課税年度から数えて 16 年目の課税年度以降は、繰越控除することはできない。
  • 事務手数料は、最初の受取人につき$1,500、追加の受取人につき$500である。手数料は、提出された個々の申請書と、年間の各送金に適用される。 
  • 納税者が獲得し、譲受人に譲渡された税額控除の全部または一部が、後に歳入庁長官によって否認された場合、最初に税額控除を獲得した納税者は、否認された金額を州に返済する義務を負う。

注:譲渡の審査および承認には最大30日かかります。 

コンタクト

リチャード・マルティネス、HPIPプログラム・マネージャー

(785) 207-1660

[email protected]

ja日本語