ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー州知事、2023年の年間最優秀輸出業者を祝う:タンク・コネクション ローラ・ケリー知事は本日、パーソンズのタンク・コネクション社を訪問し、2023年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた同社を正式に称えた。ドライバルクと液体貯蔵システムの世界的リーダーであるタンク・コネクションは、6大陸64カ国に輸出している。 ケリー知事、デジタルの機会に$8M以上の投資を発表 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州のデジタル・エクイティ(DE)プランの実施に向け、$820万ドルの支援を受けると発表した。この発表は、カンザス州全域の高速インターネット接続とデジタル・オポチュニティの状況を変えるという州のコミットメントを確固たるものにするものである。 2024年度マイノリティ・女性企業開発賞のノミネート受付開始 本日、デービッド・トーランド副知事兼商務省長官は、2024年マイノリティ企業開発(MED)週間賞の候補者募集を発表した。この年間表彰は、マイノリティや女性主導の企業が地域社会やカンザス経済に与える影響の拡大を認め、それを見守るための一つの方法である。 ケリー州知事、KMW社がスターリング市に$105万ドルを投資し、カンザス州で251人の新規雇用を創出すると発表 ローラ・ケリー州知事は本日、農業用フロントローダー、バックホー、その他アタッチメントの精密メーカーであるKMW社が、$1億500万ドルを投資し、スターリング市に新たな北米本社と最新鋭の生産施設を建設することを発表した。この事業により251人の新規雇用が創出され、地元の労働人口は485人となる。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

ジャック・マウス/ジャニス・ボーラ・グループ

ジャズ
コンタクトパーソンジャック・マウス
電話630-609-4030
Eメール[email protected]
ウェブサイトジャックマウスドットコム

について

ジャズ・ドラマーのジャック・マウスとジャズ・ヴォーカリストのジャニス・ボーラのパートナーシップは約40年に及ぶ。著名なジャズ演奏家、即興演奏家、教育者である2人は、共演、互いのレコーディング・プロデュース、革新的なジャズ教育プログラムの企画・提供など、数多くのプロジェクトで協力してきた。ジャック・マウスの幅広い経歴は、米空軍士官学校ファルコネアーズのソリストを3年間務めたことに始まる。

その後、スタン・ケントン、クラーク・テリー、バンキー・グリーン、ジョー・ウィリアムス、ジェイムス・ムーディ、ランディ・ブレッカーなど著名なアーティストと共演。リーダーとしての録音には、オリジナル曲のCD2枚、"Intimate Adversary "と "Range of Motion "がある。フリー・インプロヴィゼーションの録音には、"Snakeheads & Ladybugs"、"Three Story Sandbox"、"Artful Dodgers "などがある。また、ジャニス・ボーラやダン・ヘールの録音も聴くことができる。ノース・セントラル・カレッジで24年間(1996~2020年)音楽助教授兼ジャズ研究コーディネーターを務めたほか、アメリカ音楽院、ベネディクティン大学、クラーク・テリー・グレート・プレインズ・ジャズ・キャンプ、ナショナル・ステージ・バンド・キャンプ、ジャミー・エイバーソルド・コンボ・キャンプ、ジャニス・ボーラ・ヴォーカル・ジャズ・キャンプなどで教鞭をとっている。

バンキー・グリーン・カルテットと共に、モントルー・ジャズ・フェスティバルにおけるジャズ教育の先駆者。彼は世界中のジャズ・フェスティバル、音楽コンベンション、大学、高校、そしてオンラインでクリニックやワークショップを開催している。マウスは2018年にエンポリア高校の殿堂入り、2022年にはエンポリア州立大学フランク・A・ビーチ栄誉の殿堂入りを果たした。現在、彼はヤマハ・ドラム、セイビアン・シンバルズ、ヴィック・ファース・スティック、アクエリアン・ドラム・ヘッズのスタッフ・アーティスト/クリニシャンである。

ジャニス・ボーラのレコーディングや演奏は、その美しいサウンド、卓越したテクニック、冒険的なレパートリー、想像力豊かなヴォーカル・インプロヴィゼーションで常に高い評価を得ている。リスクを恐れないアプローチで、モダンジャズやコンテンポラリージャズの作曲家によるインストゥルメンタル・ジャズを好んで演奏する。2021年、彼女はダウンビート読者投票のジャズ・ヴォーカリスト部門で6位にランクされた。レコーディングを重ねるごとに、彼女を際立たせる音楽的アプローチをより深く掘り下げ、幅広い批評家から賞賛されている。

"プロミス・トゥ・バーン "と "フロム・エヴリ・アングル "は、ダウンビート誌で "4つ星 "を獲得し、"今年のベスト・アルバム "のひとつに選ばれた。「Agents of Change」は、WBEZ-FM Chicago Public Radioの「The #1 Jazz CD of the Year」に選ばれ、Jazz Timesは「天才。天才。また、シカゴ・ジャズ・フェスティバル、ジャズ・ショーケース(シカゴ)、バードランド、イリジウム(ニューヨーク)などでも演奏している。

ボーカル・ジャズ教育のパイオニアとして知られる彼女は、ジャニス・ボーラ・ボーカル・ジャズ・キャンプとホット・ジャズ-6クール・ナイト・コンサート・シリーズを創設し、26年間にわたり開催した。ノース・セントラル・カレッジの元非常勤教授(1996~2020年)であり、ベネディクティン大学、ノースイースタン・イリノイ大学、デュページ大学でもジャズの教授を務めた。ゲスト・アーティスト、クリニシャンとして、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、日本の高校、大学、フェスティバルで演奏。2007年よりダウンビート学生音楽賞の審査員を務める。

主なプログラム内容

演奏家として、またジャズ教育者としての豊富な経験を持つマウスとボーラは、2人だけのチームとしても、ジャズ・グループとしても、さまざまなオプションを提供している。ジャック・マウス/ジャニス・ボーラ・グループは、4~6人のジャズ・ミュージシャンを擁する多才なコンテンポラリー・ジャズ・アンサンブル。メンバーは都合により異なります。楽器編成は、カルテット(リズム・セクション+声楽)からクインテット(トランペットまたはサックスの追加)、セクステット(トランペットとサックスの両方を追加)まで、プレゼンターの特定のニーズと予算に合わせることができます。

エンポリア・グラナダ・シアターでの最近の公演には、ギタリストのファリード・ハックとダニー・エンブリー、ベーシストのラリー・グレイ、マルチ・インストゥルメンタリストのスコット・ロビンソン、トランペッターのマイク・スタイネルが参加した。このグループのコンサートは2部構成で、最初はマウスのレコーディングに参加したオリジナル曲を演奏し、後半はボーラを加えて彼女のレコーディングからの選曲を演奏する。ジャック・マウスとジャニス・ボーラは、地元の高校、大学、地域のアンサンブル(器楽、ヴォーカルを問わず)にソロでゲスト出演することもできる。必要であれば、それぞれをフィーチャーしたジャズ・バンドやヴォーカル・ジャズ・アンサンブルのためのアレンジも提供している。

プログラム料金

ジャック・マウス/ジャニス・ボーラ・グループのコンサート:人数により$3,600~$5,200。ジャック・マウスおよび/またはジャニス・ボーラのゲスト・ソリスト:$1000 - $2000 交通費、宿泊費は含まれません。

教育活動情報

マウスとボーラはそれぞれ、コンサート演奏と並行して、個人とアンサンブルの両方にワークショップやマスタークラスを提供する、優れたジャズ・クリニシャンである。マウスはドラム・クリニシャンとして有名で、ヤマハ・ドラムスとの長い付き合いがある。また、ジャズの歴史、重要なアーティスト、録音など、ジャズに関する百科事典的な知識を持つ。

ドラマー向けのクリニックやマスタークラスを行うにせよ、若いリズム・セクションがより効果的に機能するようサポートするにせよ、あるいは大規模なジャズ・アンサンブルを扱うにせよ、彼は幅広い音楽知識と指導経験を生かし、あらゆるレベルのジャズ学習者とうまく関わることができる。同様に、ボーラはヴォーカル・ジャズ・エデュケーターとしての経験を生かし、個々の生徒や様々なレベルのアンサンブルに対応している。SAB、SSAからSATB、SSATBまで、様々な難易度のヴォーカル・ジャズ・アレンジを豊富に取り揃えており、コンサートやフェスティバルで使用することができる。

いずれも若いインプロヴァイザーに、即興演奏のスキルを磨く経験と自信を得る機会を提供することを目的としている。ソロ・ヴォーカリストのために特別にデザインされた、彼女の長期にわたる夏のヴォーカル・ジャズ・キャンプは、生徒のヴォーカル適性を評価し、個々の演奏家として拡大し、向上させることに重点を置いており、ヴォーカル・ソリストのための優れたクリニシャンとなっている。ジャック・マウス/ジャニス・ボーラ・グループの各メンバーは、高い評価を得ているジャズ教育者でもあり、個別のクリニック、ワークショップ、マスター・クラス、またインタラクティブなリズム・セクションのワークショップに参加することができる。

追加アクティビティ料金

コンサート当日の教育オプション(クリニック/マスタークラス/ワークショップ)の料金は、1名につき$300です。その他の教育オプションの料金は応相談。

地域活動情報

ボーラとマウスはフラッシュポイント・クリエイティブ・アーツという非営利団体を立ち上げ、人生において不可欠なスキルとしての即興の理解と実践を促進することを使命としている。市民団体から、経済的・資源的に制限のあるアットリスクな青少年、特別な支援を必要とする人々まで、幅広いグループのためにヴォーカル・インプロヴィゼーションのワークショップを開催している。ワークショップは、通常、予定されているパフォーマンス/コンサート出演に合わせて無料で提供される。

ヴォーカル・インプロヴィゼーションとドラム・サウンドを使ったインフォーマルなワークショップで、参加者は年齢や音楽経験に関係なく、まずグループとして、次に個人として、「コール・アンド・レスポンス」によって即興演奏の方法を学ぶ。歌う」ことに重点を置くのではなく、音とリズムを使って音楽的な会話を生み出すことに重点を置く。このようなワークショップのひとつがきっかけとなり、イリノイ州ネーパーヴィルに住んでいたリトル・フレンズ・センターと共同で、自閉症やその他の発達障害を持つ青少年を対象に「セラピーとしての即興演奏」という取り組みを続けている。

2019年、マウスとボーラは、自閉症スペクトラム障害の若者たちとの活動が認められ、国際ロータリーのロータリー財団からポール・ハリス・フェローに任命された。2019年10月、エンポリア・グラナダ・シアターでのジャック・マウス/ジャニス・ボーラ・グループ・コンサートの後、マウスとボーラは、エンポリア公立学校の特別教育課程の生徒と、ヘトリンガー発達サービスおよびステッピング・ストーンズ・アンリミテッドの成人利用者とともに、連続7回のボーカル即興ワークショップを開催した。

サポート資料

コミュニティ 活動記録

パフォーマンス/プログラム・レコーディング

履歴書

その他のリンク

ja日本語