ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

ケリー知事、ウェリントンで110人の雇用を創出する$14Mの設備投資を発表 ローラ・ケリー知事は本日、エリート・ハーネス社がウェリントンに$1,400万ドルを投資し、110人の新規雇用を創出すると発表した。エリート・ハーネスは既存施設を改修し、50,000平方フィートの最新製造工場を建設する。 商工省、税額控除プログラムで$4.1Mを利用可能と発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州商務省の地域社会サービス税額控除プログラム(CSP)により、110万TP4T4万ドルの税額控除が再び利用可能になると発表した。 農村の壁画およびパブリック・アート・プロジェクトに商工助成金 カンザス州商務省(Department of Commerce)は本日、農村部の壁画と公共アート・プログラムの新ラウンドに総額$75,000ドルの資金を提供することを発表した。このプログラムは、農村地域が地域の美観を向上させる魅力的な新しいアートをデザインし、そこに住む人々だけでなく、潜在的な新しいビジネスや住民にとっても魅力的な地域となるよう支援するものである。 カンザス州、農村部のデジタルデバイドを支援するため米国農務省から約$1百万ドルを獲得 カンザス州ブロードバンド開発局(KOBD)は、米国農務省ルーラル・ユーティリティ・サービス(Rural Utilities Service)の新しいブロードバンド技術支援(BTA)助成金プログラムを通じて、約$1万ドルを獲得した。$997,000の助成金は、カンザス州の6つの田舎郡における事前エンジニアリング設計調査に資金を提供し、ブロードバンドがそこで展開される際のコスト削減と回避可能な障壁の特定を支援する。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

ローズマリー・カトラー

ストーリーテリング

都市だ:トピカ
電話785.271.1982
Eメール[email protected]
ウェブサイトrosiecutrer.com

について

小学1年生のとき、教室から出るために気絶したふりをして床に倒れ込んだのが、ストーリーテラーとしての人生の始まりだった。それ以来、物語はどんどん大きくなっていった。

私は23年間、カンザス州トピカで小学校を教えていた。教職に就いていたある時、カンザスシティでストーリーテリングのワークショップを受けた。民話を学び、1年生に試してみた。子どもたちはそれをとても気に入り、もっとたくさんのお話を欲しがった。時が経つにつれて、口頭で語られるその物語は、私がそれまで試したどんな物語よりも、子どもたちの文学への興味を刺激することがわかりました。私は夢中になった!やがて、夏休みの読書会や家族で楽しむ夜に、このお話を聞かせてほしいという依頼が来るようになった。

それ以来、オリジナルの物語や歌、昔話や文学に基づく物語を独自にアレンジしたものなど、幅広いレパートリーを持つようになった。2000年春、私は教職を辞し、フルタイムのストーリーテラーとして、フェスティバル、学校、図書館、博物館、社交場などで公演するようになった。アメリカの多くの州やアイルランド共和国、北アイルランドでも公演してきました。

23年間教えてきて、私は子供たちが手に負えなくなることなく楽しめるようにする専門家になりました。小さな子どもたちには、音楽と観客参加をたくさん使います。年配の子どもや大人には、面白い話や怪談、感動的な話をします。作曲もするし、バンジョーも持っていく。

主なプログラム内容
  • ブックス・アライブ!表彰式、アメリカ教育週間、読書週間、図書週間などに最適。ロージーは本を題材にしたお話をします。上演された本は図書館に寄贈されます。子供たちは、少なくとも1つの物語を演じるのを手伝います。
  • 開拓者の民話:秋祭りに最適。開拓者の工芸品もある。
  • 動物物語:アースデイやペットをテーマにした作品。
  • サムシング・ゴーストリー・ディス・カムズゴースト・ストーリーズと、あらゆる年齢層向けの不気味な物語と歌。
  • 大人専用:昔話、文学作品、オリジナル作品。
  • アイルランドの昔話:エメラルドの島からの物語。
  • ホリデー・プログラム-ホリデー・イベントのためのエンターテイメント(冬/クリスマス、母の日/父の日、春/イースター、秋/感謝祭など)
  • 図書館プログラム:図書館を念頭に置いてデザインされた音楽と物語。
  • 放課後ジャンボリー放課後ケアグループ向けプログラム。ブロック予約で割引料金。

こちらもどうぞ:コスチュームを着ての開拓者プログラム、ネイティブ・アメリカンの物語、多文化物語、民話&童話、幼児向けプログラム&ワークショップ。

プログラム料金
  • 1プログラム$200。(マイレージは別途)
  • $300(同日に2つのプログラムを受講する場合、別途マイル料金がかかります。)
  • $1,300(2日間のレジデンスまたは2日間のフェスティバル出演の場合。(別途、食費、宿泊費。)
  • 5日間のレジデンス:$2,000ドル(マイル、食費、宿泊費込み)。
  • コミュニティ活動:追加プログラム1つにつき$100。
  • 教育活動:ワークショップ1回:$200/ワークショップ2回:$300
地域活動情報

リタイアメント・ホーム、老人ホーム、デイケア施設、その他コミュニティや教会組織向けの追加プログラムも用意。

教育活動情報

ワークショップあり:

  • 人前で話すスキル
  • 民話やおとぎ話の新しいバージョンを作り、共有する方法
  • 個人的なストーリーを作り、共有する方法
  • 家族の物語を作り、共有する方法
  • 曲の作成と共有方法
  • 文学から物語を取り出し、口承物語に発展させる方法

上記はすべて、小学生レベルまで、あるいは12歳以上まで使用できる。

サポート資料

ja日本語