ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

コマース・バーチャル・ジョブ・フェアで多数のキャリア・チャンスを提供 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、新たな人材を求めるカンザス州の求職者と雇用主に対し、今月開催されるバーチャル州全体ジョブフェアへの参加を呼びかけている。KANSASWORKS主催のジョブフェアは、4月24日(水)午前8時から午後5時まで開催される。 ケリー州知事、2023年の年間最優秀輸出業者を祝う:タンク・コネクション ローラ・ケリー知事は本日、パーソンズのタンク・コネクション社を訪問し、2023年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた同社を正式に称えた。ドライバルクと液体貯蔵システムの世界的リーダーであるタンク・コネクションは、6大陸64カ国に輸出している。 ケリー知事、デジタルの機会に$8M以上の投資を発表 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州のデジタル・エクイティ(DE)プランの実施に向け、$820万ドルの支援を受けると発表した。この発表は、カンザス州全域の高速インターネット接続とデジタル・オポチュニティの状況を変えるという州のコミットメントを確固たるものにするものである。 2024年度マイノリティ・女性企業開発賞のノミネート受付開始 本日、デービッド・トーランド副知事兼商務省長官は、2024年マイノリティ企業開発(MED)週間賞の候補者募集を発表した。この年間表彰は、マイノリティや女性主導の企業が地域社会やカンザス経済に与える影響の拡大を認め、それを見守るための一つの方法である。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

カンザス州、米中西部日本協会に再加盟し貿易関係を強化

5月 23, 2018

この記事を共有する

トピカ-ジェフ・コリアー州知事は本日、カンザス州が中西部日米協会に加盟し、日本との同盟関係を更新すると発表した。コリヤー州知事は4月、国会議事堂で日本領事館と会談し、カンザス州と日本の関係について話し合った。

「カンザス州と日本は、歴史的にも、そしてこれからも素晴らしいパートナーであり続けます。中西部日米協会への新たな加盟を通じて、この貴重なパートナーシップを強化することを楽しみにしています」と述べた。

日本はカンザス州にとって重要な輸出市場であり、伝統的にカンザス州の上位貿易相手国の一つである。2017年のデータによると、日本はカンザス州にとって第3位の輸出市場であり、その総額は$9億8,000万ドルである。カンザス州はまた、クボタ、協同油脂、タカコー、グンゼ、ソフトバンク、ヤンマー、積水、住友などの日本企業からの投資を歓迎している。

「カンザス州商務省のロバート・ノース臨時長官は、「日本はカンザス州にとって非常に重要な輸出市場であり、すでに強固な関係を継続していくことを楽しみにしています。「中西部日米協会に加盟することで、私たちは協力する機会をさらに増やし、貿易パートナーシップを拡大する機会を探ることができます。

6月初旬、カンザス州農務省は米国農務省主導の日本への貿易使節団に参加する。日本は2014年以来、カンザス州農業のナンバー2の貿易相手国であり、今回の東京・大阪への貿易使節団の目的は、同州と日本との関係を強化することである。この視察旅行では、潜在的な顧客とつながる機会を提供し、ブリーフィングや視察に参加することで、日本企業との貿易関係の最大化について直接学ぶことができる。

「日本は、米国産牛肉の輸出市場において引き続きトップです。この重要な貿易相手国との関係を強化することは、カンザス州の牛肉生産者にとって有益です」とカンザス畜産協会のマット・ティーガーデン最高経営責任者は語った。

「国際貿易市場は、カンザス州とカンザス州を故郷とする農家や牧場主にとって不可欠です。他国との強力な関係は、カンザス州の農家や牧場主にとって機会を拡大するのに役立ちます」と、モンゴメリー郡の農家であるカンザス州農業局のリチャード・フェルツ会長は述べた。


ja日本語