ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

求職者に新たな機会を提供する州全体のバーチャル・ジョブフェア デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、新たな人材を求める求職者と雇用主に対し、6月に開催されるバーチャル全州ジョブフェアへの参加を呼びかけている。KANSASWORKS主催のジョブフェアは、6月26日(水)午前8時から午後5時まで開催される。 商務省、緊急HEAL補助金$390,000ドルを発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、$390,000以上の緊急歴史的経済資産ライフライン(E-HEAL)補助金を5つの交付先に交付したことを発表した。この補助金には、地方のダウンタウンの建物を取り壊しや崩壊の危機から救うため、地元のマッチング資金$77万ドル以上が追加される。 カンザス・メインストリート、新住宅助成金の対象となる8つの農村地域を選定 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、「メインストリートの居住機会(ROOMS)」プログラムの初回助成先8件を発表した。カンザス州メインストリートに指定された8つのプロジェクトは、それぞれ$5万ドルを受け取り、ダウンタウンのビルの上層階に合計35戸の新しい住宅を建設する。 カンザス州の非営利団体、社会奉仕プログラム税額控除で1TP440万円以上を受領 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州内の26の非営利団体の資金調達活動を支援するため、コミュニティ・サービス・プログラム(CSP)税額控除として$4百万ドルが交付されたことを発表した。これらの資金により、質の高い保育、医療、教育、芸術、住宅サービスへの地域アクセスが強化される。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

アルティン 2019年4月

4月 07, 2019

この記事を共有する

マイノリティ&女性ビジネス・スポットライト

会社情報

会社概要

ビジネス名 アーティン・エルエルシー

電子メール[email protected]

連絡先電話番号 (913) 815-0028

ビジネスアドレス 9393 W 110th Street, Suite 500, Overland Park, KS 66210

ウェブサイト  www.artinllc.com

ソーシャルメディアwww.linkedin.com/company/artin-llc

主な事業内容 構造エンジニアリング・コンサルティング会社

従業員数(オーナーを含む): 4

創業して何年になりますか? 5年

経営理念/ミッション・ステートメントは何ですか? 複雑な問題に対する最適解

オーナーについて

オーナー名:エリー・フォルゼシュ

あなたの経歴は? パートナーと私はともに工学博士号を取得しており、その経験、スキル、知識を生かしてビジネスを運営し、顧客にサービスを提供している。

起業のきっかけは? 地域社会の人々のために雇用を創出し、自分の経験と教育を活かして質の高いサービスを提供する。

Ellie Forouzesh

サービス

カンザスでのビジネスで気に入っている点は? カンザス州は住むにも働くにも素晴らしい場所であり、人々は最高である。

競合他社との違いは何ですか? 弊社は小規模な企業であり、諸経費は少なく、高品質なサービスを提供しています。私たちのサービスの80%はリピーターのお客様です。また、M/W認定を取得しており、公共事業にも有利です。

あなたのビジネスは地域社会とどのように関わっていますか? また、少年少女クラブのような地域社会や家族を支援する非営利団体を支援することにも積極的である。

質疑応答

マイノリティ&ウーマン・ビジネス・スポットライトにあなたのビジネスを掲載すべき理由は? 当社は女性所有の認定企業であり、100%マイノリティ所有企業でもあります。昨年は200%を成長させることができ、今年も倍増させることを目標としています。私たちは公共プロジェクトに重点を置き、地域の多くの人々に利用されるようなプロジェクトに参加できるよう最善を尽くしています。私たちの事務所はカンザス州にあり、地域社会をサポートするためなら何でもします。私たちは小さな会社ですが、カンザス州の人々により多くの支援を提供し、成長するために努力しています。私たちは多くの組織や慈善団体で活動しています。

あなたのビジネス史上、最大の「勝利」は何でしたか? カンザス州には素晴らしい人々やエンジニアのコミュニティがある。

あなたが学んだことで、他の経営者と分かち合いたいと思う貴重な教訓は何ですか? ビジネスにおいて重要な役割を果たす関係

あなたのビジネスについて、興味深く楽しい事実を教えてください。 楽しい事実は、私たちにはまだないということだ。


ja日本語