ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

カンザス州を拠点とするIST、食品加工部門にワンストップ・サービスを提供 インダストリアル・サービス・テクノロジーズ(IST)は、食品製造業やその他の製造業向けのターンキー設計、製造、設置サービスを専門としており、本社と金属加工部門はトンガノクシーにある。 商務省、ROZ学生ローン返済プログラムを更新 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州の地方に移り住む人々の学生ローン返済への参加を増やすことができる「地方オポチュニティ・ゾーン(ROZ)」プログラムの大幅な変更を発表した。 コマース・バーチャル・ジョブ・フェアで多数のキャリア・チャンスを提供 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、新たな人材を求めるカンザス州の求職者と雇用主に対し、今月開催されるバーチャル州全体ジョブフェアへの参加を呼びかけている。KANSASWORKS主催のジョブフェアは、4月24日(水)午前8時から午後5時まで開催される。 ケリー州知事、2023年の年間最優秀輸出業者を祝う:タンク・コネクション ローラ・ケリー知事は本日、パーソンズのタンク・コネクション社を訪問し、2023年度ガバナーズ・エクスポーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた同社を正式に称えた。ドライバルクと液体貯蔵システムの世界的リーダーであるタンク・コネクションは、6大陸64カ国に輸出している。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

知事、米農務省の移転発表を歓迎

6月 13, 2019

この記事を共有する

カンザス州トピカ発-ローラ・ケリー州知事は、米国農務省が本日発表した、ワシントンD.C.からカンザスシティー地域への主要研究機関の移転と、600人近い高収入の連邦政府雇用を称賛した。

「これはカンザス州とミズーリ州にとって重要な勝利だ。

米国農務省の経済調査局と国立食品農業研究所は、競争入札の結果、カンザスシティ地域への移転計画を発表した。米国農務省は35の異なる州から136の提案を受けた。

カンザス州とミズーリ州は共同で米国農務省に提案書を提出した。カンザスシティ地域のカンザス州側かミズーリ州側のどちらに立地するかは、7月中に決定される予定である。

「今日、カンザスシティ地域にUSDA機関を移転することが決定されたことは、両州と議会代表団の協力の価値を証明するものです。私たち全員が協力すれば、多くのことを成し遂げることができます。「最終的な移転先がカンザス川のこちら側になるよう努力するが、どちらの側に移転してもUSDAのニーズを満たし、カンザス州とミズーリ州に利益をもたらすことは間違いない。

この移転により、USDAの職員は農家や、世界最大の動物保健ベンチャーの集積地であるカンザスシティ動物保健コリドーなどの農業関係者の近くに配置されることになる。ワシントンから低コストの場所に移転することで、納税者の税金も節約できる。

ケリーは農務省の決定を称賛した。

「私たちは、米国農務省の事業にとって理想的な場所を提供しました。「新しい施設は、カンザス州立大学という一流の農業研究機関の近くに戦略的に配置されます。新しい施設は、カンザス州立大学という一流の農業研究機関の近くに戦略的に位置する。

「この移転は米国農務省のニーズを満たし、カンザス州とミズーリ州に利益をもたらすでしょう。パーデュー長官、カンザス州商務省のチーム、カンザスシティ地域開発評議会の尽力に感謝する。

デービッド・トーランド商務長官もこれに同意した。

「USDAがカンザスシティ地域を選んだことに感激しています。USDAが最終選考を行う際、カンザス州が持つ数々の利点が、カンザス州を優位に導くと確信しています。「カンザス州は、バイオサイエンスと農業の分野で最先端を走っており、著名な業界リーダーが州内に集まっています。研究、技術、革新となれば、カンザス州が選ばれるのは明らかです」。

「カンザス州のマイク・ビーム農務長官は、「この地域の農業の規模、スケール、多様性から、カンザスシティはこれらの農務省機関に最適です。カンザス州農務長官マイク・ビーム氏は、「カンザス市は農業の中心地であり、その生活の質はこれらの機関の職員とその家族にとって最適である。我々は彼らを歓迎することを楽しみにしている。

国立食糧農業研究所は、食糧保全、栄養、国の食糧供給を強化する方法に関する研究を行っている。経済調査局は、農業経済、食品安全、世界貿易などを分析している。

ERSの求人は平均年収$120,000、NIFAの求人は$110,000から$190,000である。

インディアナ州とノースカロライナ州の提案は、米国農務省の研究機関を求める他の最終候補の中に含まれていた。


ja日本語