ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

2024 ひまわりサマープログラム、5月25日~8月11日に実施 カンザス州観光局は、5月25日(土)にカンザス州の家族を対象とした2024年サンフラワー・サマー・プログラムを開始すると発表した。カンザス州の学生とその家族を対象にしたサンフラワー・サマー・プログラムでは、州内の220以上の観光名所を無料で利用できる。2024年ひまわりサマーは8月11日まで開催される。 トーランド副知事、$50万ドルの観光地開発補助金を発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、魅力開発補助金の最新ラウンドで$50万ドルが授与されたことを発表した。 商務省、求職者にバーチャル州政府機関ジョブフェアへの参加を奨励 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、5月22日(水)午前8時から午後5時まで開催されるKANSASWORKS主催の「カンザス州政府機関バーチャル・ジョブフェア」に参加するよう求職者に勧める。 メインストリートコミュニティに上層階住宅補助金を支給 トピカ - デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州メインストリート指定地域の商業ビル上層階住宅を支援するため、Residential Opportunities on Main Street(ROOMS)補助金プログラムにより$40万ドルを提供することを発表した。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

デービッド・トーランド長官、カンザス州の非営利団体に社会奉仕税額控除を授与

7月 30, 2019

この記事を共有する

カンザス州トピカ発-デービッド・トーランド商務長官は本日、州内の教育、医療、住宅プロジェクトを支援する17の非営利団体に地域奉仕税額控除(CSP)を授与することを発表した。

CSPは、資金調達活動を劇的に向上させるツールであり、人口15,000人未満の農村地域の適格な寄付者には70%、それ以上の地域では50%の税額控除を提供する。例えば、地方のコミュニティで$100の寄付をした寄付者は、州税の申告時に$70の税額控除を受け、寄付者の正味の負担は$30で済む。

「ローラ・ケリー知事は、「これらの非営利団体は、地域社会に多くのものを提供している。「彼らを支援するために、私たちはできる限りのことをしなければなりません。コミュニティ・サービス税額控除は、より強固なコミュニティと、より強固な州を築く助けとなるでしょう。

「地域社会奉仕税額控除は、大小を問わず地域社会の生活の質を支える重要なプロジェクトを成功に導く強力な手段です。「これらのプロジェクトが、ケリー知事の優先事項と地域社会の優先事項を反映したものであることを誇りに思います。応募されたすべての方々を支援できる資金があればよかったのですが。もっと多くの応募者が重要で価値のあるプロジェクトを提示してくれたが、今年は資金を提供することができなかった。

受賞企業は、スコアベースの競争的な選考プロセスによって選ばれた。

今年度、商務省はすべてのCSP資金を全額支出している。配分された資金額により、申請された39件のプロジェクトのうち17件(申請資金総額の21.2%を占める)が授与される。

受賞企業および資金需要が示された企業は以下の通り:

  • キャンプ・ウッド・ヤングメンズ・クリスチャン協会(エルムデール) - 能力向上と安全性の向上 ネクスト・センチュリー・キャンペーンこれは、両方のニーズに対応し、104年の歴史を持つ州全体の施設のあらゆる部分を改善する改築の最後のピースとなることを目的としている。
  • カーペンター・プレイス社(ウィチタ州) - 安全で安心な住まいを提供し、各入居者に個別の寝室を提供し、入居者の定員を増やすために、新しいコテージを建設する。この組織は18歳までの少女を対象としているため、居住者が寝室を共有しなければならない場合、潜在的な責任が生じる。個別の寝室を備えた新しいコテージは、この重要な安全上の懸念を解消する。
  • センターシティ・アカデミー(ウィチタ州) - 土地を購入し、建物を建設/設備することで、ダウンタウン地域に居住または勤務する両親を持つ子供たちに、質の高い早期学習を提供する。子供たちの少なくとも50%は、ウィチタの公立学校へ入学するための保育や就学前教育を受ける余裕のない低所得家庭の子供たちである。
  • フローレンス・クリテントン・サービス・オブ・トピーカ(トピーカ) - 居住用ユニットをPRTFベッドに再利用し、未完成の地下室を仕上げてプログラムの増加に対応するスペースを増やし、建物内の通行量の多い場所のカーペットや床を張り替え、職員や訪問者の増加に対応するために駐車場を増設することで、精神科常駐治療プログラム(PRTF)の定員を増やす。
  • インターフェイス・ハウジング&コミュニティ・サービス(ハッチンソン) - 600平方フィートのエコホームという形で、暫定的な住宅を建設する。住宅は、指定された地域の再投資地域や、公共インフラがすでに整備されている空き地に建設される。ハッチンソンの土地銀行を通じて候補地が適切に特定されており、ハッチンソンから半径100マイル以内の農村地域でも他の用地が検討される。
  • ラベット・ヘルス(オスウェゴ) - カンザス州オスウィーゴにルーラル・ヘルス・クリニックとエクスプレス・ケアを建設。カンザス州南東部に位置するオスウェゴは、HRSAによると歴史的に医療サービスが行き届いていない地域である。2019年2月14日、Oswego Community Hospitalが突然閉鎖され、Oswego市民はプライマリーケアやエクスプレスケアを受けられなくなった。
  • ミネオラ・デン社(ミネオラ) - ザ・デンが運営されている施設の改修。北側のスペースにプログラム・エリアを拡大し、屋根付き/コンクリート製の屋外アクティビティ・エリアを設置する。改修工事には、エンジニアリングと設計、解体と敷地整備、地下壁の掘削と防水工事、ザ・デンの北側と西側の既存壁のシート張りが含まれる。
  • モリス郡病院財団(カウンシル・グローブ) - 数年間閉鎖されていたホワイトシティ・クリニックとアルタ・ビスタ・クリニックの修復と再開。
  • マウンドリッジ・マナー社 (マウンドリッジ) - 2つの棟の空調システムを交換し、各入居者の部屋を個別に空調制御できるようにすることで、体の弱い高齢者や体の不自由な高齢者の快適性を大幅に向上させる。現在、各棟の各側が1つのサーモスタットで制御されているため、入居者は自分の部屋の温度をコントロールできず、その結果、温度がばらつき、必ずしも全員が快適に過ごせるとは限らない。
  • プレザント・ビュー・ホーム社(インマン) - キャンパスに住む200人以上の住民の安全を確保するため、主発電機(1959年以来設置)と2つの防火パネル(20年以上経過)を取り替える。
  • シー・トゥー・ラーニング財団(トピカ) - カンザス州の子供たちが適切な眼科医療を受けられるよう、資金を確保する。カンザス州の学校では、毎年5人に1人の子供が視力の問題を抱えています。視力の問題を放置すると、子供の学校での成功が制限され、自尊心の問題や行動上の問題につながる可能性があります。こうした視力の問題は、収入や支払い能力に関係なく、どの子供にも起こり得ます。
  • SOS社(リンドン) - ドメスティック・バイオレンスと性的暴行の被害者のための擁護、教育、アウトリーチ・サービスのために新たに取得した施設の改築。SOS社は昨年、危機介入、法廷支援、安全計画、支援グループ、セラピー・サービス、24時間ホットライン、トラウマ・サービスなどを含む18,134件のサービスを提供した。この改修プロジェクトにより、すべてのアドボカシー・アウトリーチ・サービスがひとつ屋根の下に置かれ、業務を合理化することで、より多くの困っている人々にサービスを提供できるようになる。
  • スピアビル・シニアリビング社 (スピアビル) - 入居者中心のケアモデル "グリーンハウス "を採用した、12床の熟練看護ユニットと12アパートの介護付き複合施設の建設と運営。24人の高齢者のケアに加え、この新しい施設はスピアヴィル地域の住民に20人以上の新規雇用を提供する予定である。
  • スターキー(ウィチタ) - ライフ・エンリッチメント・プログラムのために2万平方フィートの新しい施設を建設し、目標設定や能力開発活動を行う250人の日常生活を支援する。目的を持って建設された新しい施設は、サービスを受ける人々の基本的なニーズに不可欠なサポートを提供するだけでなく、充実した生活を送るための新たな機会も提供する。プログラム・スペースには、少人数制のアクティビティ・ルームが設けられ、専門的な活動や作業に集中できる一方、アクティビティや食事のための多目的共有スペースも確保される。
  • ウィリアム・ニュートン記念病院(ウィンフィールド) - 拡張された新外科センターのカテーテル検査室に必要な機器の購入。この機器により、カテーテル検査室はこの地域に重要なサービスを提供できるようになる。
  • トランジション・プラス協会(サマーフィールド) - 通常の3倍の速さで野菜を栽培できる最先端の屋内能力を提供する栽培タワーを建設し、より多くの利益と事業の持続可能性を可能にする。この施設は元学校の体育館に設置され、入隊した軍人たちが手入れ、収穫、流通の方法を学ぶことができる。彼らはその知識を持って、高価な土地や高価な農業機械を所有することなく野菜農家になることができる。

社会奉仕税額控除プログラム(CSP)について

1994年以来毎年、カンザス州社会奉仕プログラムは、非営利団体に様々なプロジェクトのための大規模な資金調達活動を行う能力を向上させる方法を提供してきた。税額控除は毎年割り当てられ、非営利団体に競争申請ベースで授与される。

税額控除の対象となるプロジェクトには、地域奉仕、犯罪防止、医療、青少年技能実習などが含まれる。提案されたプロジェクトの範囲と費用に基づき、申請者は最大$P250,000の税額控除を申請することができる。地方(人口15,000人未満)の申請団体は、70%の税額控除を受ける資格がある。非農村地域の申請団体は、50%税額控除を受ける資格がある。

スコアは以下の基準などに基づいて集計される:

  • プロジェクトの必要性
  • ソリューションの互換性(このソリューションはニーズを解決するか)
  • 対象地域
  • プロジェクト計画
  • 地域支援

ja日本語