ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

2024 ひまわりサマープログラム、5月25日~8月11日に実施 カンザス州観光局は、5月25日(土)にカンザス州の家族を対象とした2024年サンフラワー・サマー・プログラムを開始すると発表した。カンザス州の学生とその家族を対象にしたサンフラワー・サマー・プログラムでは、州内の220以上の観光名所を無料で利用できる。2024年ひまわりサマーは8月11日まで開催される。 トーランド副知事、$50万ドルの観光地開発補助金を発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、魅力開発補助金の最新ラウンドで$50万ドルが授与されたことを発表した。 商務省、求職者にバーチャル州政府機関ジョブフェアへの参加を奨励 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、5月22日(水)午前8時から午後5時まで開催されるKANSASWORKS主催の「カンザス州政府機関バーチャル・ジョブフェア」に参加するよう求職者に勧める。 メインストリートコミュニティに上層階住宅補助金を支給 トピカ - デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州メインストリート指定地域の商業ビル上層階住宅を支援するため、Residential Opportunities on Main Street(ROOMS)補助金プログラムにより$40万ドルを提供することを発表した。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

知事、USMCA協定への支持を要請

8月 01, 2019

この記事を共有する
2019年8月1日
ローラ・ケリー州知事は、カンザス州議会代表団に対し、カンザス州の貿易・輸出と州経済にとって重要であることから、保留中の米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)を支持するよう要請した。 「カンザス州は、これまでも、そしてこれからも輸出の州です。国際市場へのアクセスなくして繁栄はあり得ません。「議会が行動を起こす必要があります。USMCAを批准し、世界中の貿易相手国との関係を改善することは、カンザス州の農業部門と経済全体に利益をもたらすでしょう。 農業経済の低迷により、2017年の純農業所得が10年平均を50%以上下回った10の州の中にカンザス州が入ったと報道された。カンザス州を含む35州では、純農業所得が10年平均を下回った。 USMCAにより、カナダとメキシコの市場アクセスが拡大し、米国の農産物輸出は$4億5,000万ドルに達すると予想される。カンザス州の年間世界輸出総額は$100億ドル以上である。 リン・ロジャース中尉知事も署名した書簡の中でケリー氏は、カンザス州からカナダおよびメキシコへの農産物輸出額が、北米自由貿易協定(NAFTA)実施後の1993年から2016年にかけて4倍に増加したことを指摘した。 「もし議会がUSMCAに反対すれば、カンザス州にとって危機的状況はあまりにも大きい。 ロジャーズ氏は、地方繁栄局(Office of Rural Prosperity Listening Tour)の一環として、カンザス州の地方コミュニティにおける苦闘の詳細を聞いている。 「カンザス州の生産者は、市場へのアクセスを拡大し、地域経済を活性化させる近代的な貿易協定を必要としています」と副知事は語った。
 

コンテンツ検索元 https://governor.kansas.gov/governor-urges-support-for-usmca-agreement/.


ja日本語