ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

商務省、緊急HEAL補助金$390,000ドルを発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、$390,000以上の緊急歴史的経済資産ライフライン(E-HEAL)補助金を5つの交付先に交付したことを発表した。この補助金には、地方のダウンタウンの建物を取り壊しや崩壊の危機から救うため、地元のマッチング資金$77万ドル以上が追加される。 カンザス・メインストリート、新住宅助成金の対象となる8つの農村地域を選定 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、「メインストリートの居住機会(ROOMS)」プログラムの初回助成先8件を発表した。カンザス州メインストリートに指定された8つのプロジェクトは、それぞれ$5万ドルを受け取り、ダウンタウンのビルの上層階に合計35戸の新しい住宅を建設する。 カンザス州の非営利団体、社会奉仕プログラム税額控除で1TP440万円以上を受領 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州内の26の非営利団体の資金調達活動を支援するため、コミュニティ・サービス・プログラム(CSP)税額控除として$4百万ドルが交付されたことを発表した。これらの資金により、質の高い保育、医療、教育、芸術、住宅サービスへの地域アクセスが強化される。 カンザス州が4年連続でゴールド・シャベル賞を受賞 ローラ・ケリー州知事は本日、カンザス州が『エリア・デベロップメント』誌の「ゴールド・シャベル賞」を4年連続で受賞したことを発表した。州の歴史上、前例のない今回の受賞は、ケリー政権下で同州が経験した経済開発の成功を反映したものである。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

カンザス州は風力発電でリードし続ける

4月 21, 2020

この記事を共有する

カンザス州トピカ発-米国風力エネルギー協会(AWEA)の年次市場レポートによると、カンザス州は風力発電による再生可能エネルギーで再び全米のリーダーになった。

カンザス州は、総発電量に占める風力発電の割合で全米第2位であり、アイオワ州と並んで、2019年には州全体の総発電量の40%以上を風力発電でまかなう2つの州のうちのひとつとなる。

ローラ・ケリー州知事は、州内での風力発電の増加に言及した。

「風力エネルギーは現在、州最大の電力源であり、これは電力需要家の節約とカンザス州の持続可能な経済成長につながる」と知事は述べた。

主な指標とランキングは、カンザス州の風力エネルギーへの継続的な投資の成功を浮き彫りにしている。

  • 総エネルギー生産量に占める風力エネルギーの割合: 40%、全米2位
  • 風力発電設備容量: 6,128MW、全米第4位
  • 風力タービンの数 3,160人、全米5位
  • 2019年の風力発電業界の直接雇用 5,000ドル以上
  • 2019年までの風力プロジェクトへの設備投資: $114億ドル

「カンザス州の風力発電は環境に良いだけでなく、ビジネスにも有益です。「風力エネルギー部門は、何千人ものカンザス州民を雇用し、毎年何十億ドルもの設備投資に貢献しています。

AWEAの年次報告書では、毎年米国の風力エネルギーについて詳しく紹介している。風力は現在、米国最大の再生可能エネルギー源であり、国内の電力の7%以上を確実に供給している。

カンザス州の風力発電に関する詳細は、こちらをご覧ください。 www.kansascommerce.gov/wind.


ja日本語