ナビゲーションをスキップ
 

お知らせ

2024 ひまわりサマープログラム、5月25日~8月11日に実施 カンザス州観光局は、5月25日(土)にカンザス州の家族を対象とした2024年サンフラワー・サマー・プログラムを開始すると発表した。カンザス州の学生とその家族を対象にしたサンフラワー・サマー・プログラムでは、州内の220以上の観光名所を無料で利用できる。2024年ひまわりサマーは8月11日まで開催される。 トーランド副知事、$50万ドルの観光地開発補助金を発表 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、魅力開発補助金の最新ラウンドで$50万ドルが授与されたことを発表した。 商務省、求職者にバーチャル州政府機関ジョブフェアへの参加を奨励 デービッド・トーランド副知事兼商務長官は、5月22日(水)午前8時から午後5時まで開催されるKANSASWORKS主催の「カンザス州政府機関バーチャル・ジョブフェア」に参加するよう求職者に勧める。 メインストリートコミュニティに上層階住宅補助金を支給 トピカ - デービッド・トーランド副知事兼商務長官は本日、カンザス州メインストリート指定地域の商業ビル上層階住宅を支援するため、Residential Opportunities on Main Street(ROOMS)補助金プログラムにより$40万ドルを提供することを発表した。 全てを見る

メニュー

ビジネス 地域 カンザス製 部門紹介 出版物 イニシアチブとインセンティブ 透明性データベース 会社概要 お知らせ 連絡先
バック
バック

カンザス州農村部のチャイルドケアとカフェが語ること:枯れるのではなく、賢く縮小すること

10月 18, 2019

この記事を共有する

カンザス州フィリップスバーグ チャイルドケア・センターの開設は、都市や郊外ではほとんど注目されない。

カンザス州の田舎では、これはおめでたいことなのだ。

若い家族に焦点を当て、その希望を表現することは、自分たちではどうすることもできない力に対して生き残りをかけて戦っている小さな町では驚くほど珍しいことだ。

アイオワ州立大学の社会科学者、デイブ・ピーターズは、それがどんなに希少なものであっても、彼と彼の研究チームが「シュリンク・スマート」と呼ぶ町には欠かせない要素だと言う。 住民が、小さくなってもなお、より良くしていこうとする場所である。

「シュリンク・スマート・コミュニティとは、人口が平均より早く減少したが、生活の質は平均以上に向上したコミュニティのことである」とピータースは言う。

地方の小さなコミュニティでは、何十年も続く人口減少傾向を逆転させることはほとんどできない、とピーターズは言う。しかし、その地域に残る人々の生活の質を向上させることはできる。まずは、自然の成り行きに任せるのではなく、困難に立ち向かおうと決意する人々の中核グループが必要だ。

「それが本当に必要なことなんだ。「多くの人がステップアップし、リーダーシップを発揮する必要がある。そうでなければ実現しないんだ」。

ピーターズと彼のチームの調査によって、シュリンク・スマート・タウンは稀であることが確認された。調査した99のアイオワ州のコミュニティのうち、この栄誉を得たのはわずか7つである。ピーターズ氏によれば、それよりもはるかに多いのは、人々がすっかりあきらめてしまっている地域だという。ピーターズ氏によれば、人々は小さな選挙で選ばれた役人集団に力仕事を任せる傾向があり、新たな問題が発生するとすぐに役人集団のせいにするのだという。

「私たちが好きなように呼んでいるように、衰退しつつある、あるいは枯れつつある町では、ひとたび失敗したプロジェクトがあると、コミュニティは険悪になる」とピータースは言う。「そうなれば当然、誰もリスクを冒してまで何かをやろうとはしなくなる」。

ピーターズと彼のチームは、アイオワ州以外の地域を調査していない。そのため、カンザス州には「シュリンク・スマート」を証明できる町はない。しかし、ポッドキャスト『My Fellow Kansans』の制作中に訪れたいくつかの町は、少なくともいくつかの特徴を備えていた。

たとえばフィリップスバーグ。カンザス州北西部にある約2,400人の町で、生活の質を高めるためのいくつかのプロジェクトが成果を上げている。

フィリップス郡の経済開発組織の責任者であるニック・ポエルズ氏は、「ある取り組みは、質の高い保育に対する緊急のニーズに対応するものだ」と語る。ポエルズ氏によれば、このコミュニティは、求職者の面接時に同じ質問を受け続けていたビジネスリーダーたちの強い要望により、これを優先させたという: あなたの地域ではデイケアは利用できますか?

The new child care center in Phillipsburg, Kansas.

カンザス州フィリップスバーグに新設されたチャイルドケア・センター。Credit Chris Neal / カンザス・ニュース・サービスより

いい答えが見つからないことにうんざりしていた地域住民は、仕事に取りかかった。古いコンビニエンスストアを、州の厳しい認可基準に適合したチャイルドケア・センターに改装するために、住民の幅広い層が協力したのだ。この財団は、カンザス州北西部26郡の地域改善プロジェクトに資金を提供することを唯一の目的としている。

「このようなプロジェクトをやるのは当然だった。

保育所不足はカンザス州の農村部では一般的な問題である。だから、8月に10以上の地域がフィリップスバーグに使節団を派遣し、新しいセンターを視察し、自分たちのセンターを建設する方法についてポールズから助言を得たことは、驚くことではなかった。

タミー・サイモンズは、カンザス州中西部のレオティという約1500人の町から往復400マイル以上の道のりを歩いてきた。

「コミュニティを維持するために必要な人材が集まらない」とサイモンズは言う。

  クレジット:Chris Neal / For Kansas News Service

もうひとつは、カンザス州の農村部でよく見られるもうひとつの問題、若者の減少を解決するための取り組みだ。

通信大手に成長した地方電話会社ネクステックは、他の企業やハンセン財団、顧客と提携し、高校生や大学生に有給の夏季インターンシップを提供するプログラムを実施している。このプログラムへの参加者は、わずか8年間で4人から84人に増えた。

ネクスジェン・プログラムのディレクター、ジャック・ベックマンは、やりがいのあるキャリアを見つけるためにカンザスの田舎を離れる必要はないと若者に納得してもらうことが目標だと語る。

「もしあなたが高校生なら、地元で何ができるかを理解する最初の機会になるかもしれません」とベックマンは言う。

高校の卒業祝いに荷物をもらったことを思い出したベックマンは、カンザス州の田舎の両親や教師たちは、何十年もの間、間違ったシグナルを送ってきたと語った。

私たちは(若い)人たちに、『ねえ、ここにはあなたたちのためのものは何もないんだよ』と言う習慣がある。

今年のインターンの何人かは、この体験が彼らの認識を変えたと語った。少なくともカンザスの田舎に残りたい、あるいは大学卒業後に戻ってきたいと考えるようになったという。

「間違いなく」とレイチェル・ミュアヘッドは言った。「このインターンシップに参加する前だったら、ヘイズに戻ってくることはないと言っていたかもしれない。

しかし、ミュアヘッドは、ヘイズ・アーツ・カウンシルでの仕事を通じて、"ヘイズには、特に芸術において、提供できるものがたくさんある "ということを学んだという。

ジリアン・ボールは、フィリップス郡病院でインターンをしたことで、医学部卒業後はフィリップスバーグに戻るという仮決心が固まったという。

「ここが僕のルーツなんだ。「戻ってきて、家族の面倒を見たい。

フィリップスバーグの南東約80マイルに位置する3800人のコミュニティ、ベロイトにもシュリンク・スマートな発想の兆しがある。B・フィンチャムとマンディ・フィンチャムという若いカップルは、人々が日中にコーヒーを飲みに集まったり、夜にワインやクラフトビールを飲みに集まったりできる場所がこの町には必要だと考えた。

そこでマンディは、助成金ライターの仕事を辞め、ダウンタウンのビルを改装してコーヒーショップ、カフェ、ワインバー、音楽会場を兼ねた「ケトル」をオープンした。

B Fincham cooking at the coffee shop he's opened with his wife, Mandy.

妻のマンディと開いたコーヒーショップで料理をするB・フィンチャム。Credit Chris Neal / カンザス・ニュース・サービスより

「私たちはただ、80歳になって後悔したくないと思ったの。「だから、やってみようと思ったんです

ケトルには忠実な顧客がいるが、儲けは多くない。そのため、夫妻と2人の子供たちは、B・フィンチャムが小学校教師として稼ぐ給料を生活のために必要としている。

それでも、ケトルは地域社会のニーズを満たしているため、フィンチャム夫妻の成功した企業の定義に合致している。

「何度も何度も、私たちは文化の中心地だと言われてきました」とB・フィンチャムは言う。

シュリンク・スマート・タウンは、フィンチャム夫妻やフィリップスバーグに託児所を建設するために動員された人々のような人々に依存している。

地方の社会学者であるピーターズは、生き残りをかけて戦っている地域社会は、そうした機会を見過ごすことがあまりにも多いと言う。その代わりに、何十、もしかしたら何百もの高賃金の新規雇用をもたらす可能性のある、ひとつの新規事業の開拓に集中するのだ。

奨励金や工業団地に資金を費やすことは、「リスクの高い戦略」であり、より効果的な採用手段となりうる生活の質の向上への投資を妨げるからだ、と彼は言う。ピーターズ氏は、社会的ニーズに投資することで、コミュニティはより繁栄し、住みやすく働きやすい場所としてアピールできる、と述べた。

「彼らは、あなたの町がいかに先進的であるかを知るのです。「そうすれば、新しい会社を狙うのに有利になる。

カンザス州農村部の衰退とその回復に向けた取り組みを調査するシリーズの第3弾。 

1986年以来、革新的なアイデアに資金を提供し、健康コミュニティでの会話を喚起することを通して、カンザス州民の健康と完全性を向上させるために活動しています。詳しくはhealthfund.orgをご覧ください。

ジム・マクリーンは、KCUR、カンザス・パブリック・ラジオ、KMUW、ハイプレインズ・パブリック・ラジオが協力するカンザス・ニュース・サービスのシニア特派員で、健康、教育、政治を担当。連絡先はツイッター JMLEANKS またはjim (at) kcur (dot) orgまでEメールをお送りください。

カンザス・ニュース・サービスの記事と写真は、適切な帰属表示と下記へのリンクがあれば、報道機関が無償で再掲載することができます。 ksnewsservice.org。

コンテンツ検索元 https://www.kcur.org/post/what-rural-kansas-child-care-and-cafes-say-about-shrinking-smart-rather-withering#stream/0.


ja日本語